<   2018年 05月 ( 6 )   > この月の画像一覧

 

馬と母

e0231614_095156.jpg



【馬と母】

母、馬も大丈夫の巻。

実は、私は自分より大きな動物は怖くて、結構長い間、ドッシーとどう接して良いか分からなかったのだけどねぇ。

「馬が右を向いて左目でこちらを見てたら、あんた気に喰わない。そういうことらしいよ。」そう言いながら、母は人参をあげていた。
(母は決して動物好きという訳ではない)
ドッシーはまっすぐ母を見ていた。

美しい5月が引っ越し準備で慌しく過ぎていく。

何処へ向かって歩いているのか分からなくなる時がある。だけど、愛を学ぶための道を歩いているんだ。
そう思うと、全て完璧さ。
[PR]

by usa-kunisachii | 2018-05-20 00:09  

母と猫 20180516

e0231614_082132.jpg

e0231614_082155.jpg

e0231614_08214.jpg



【猫と母】

母と別府に上陸して5日め。
みーちゃんが、まず玄関の母の足元でスリスリした!
おお〜っ。
一緒に暮らすってこと、来る前から分かってる・・・

母もみーちゃんを受け入れて、みーちゃんも母を受け入れてくれた。

泣ける〜〜!
[PR]

by usa-kunisachii | 2018-05-20 00:08  

故郷徳島さようなら 20180510

e0231614_053444.jpg

e0231614_053554.jpg

e0231614_053592.jpg

e0231614_053521.jpg

e0231614_053536.jpg



【故郷、徳島ありがとう】

2018年GW。ひとりになった母を迎えに徳島へ。

父が亡くなって4カ月。
母は4カ月の間、東京と埼玉の母の妹たちの家を行き来して東京ライフを送っていました。

と、いうわけで!!
ほぼ4カ月前の生活感溢れる実家がそっくりそのまま残っており・・・
母と私で3日間、引っ越しと実家の整理。
片付けまくる。の巻。

昭和一桁の母と、私の勿体無い精神で、要らないけど捨てられないモノたちは、貰って貰える人に渡して回る。
写真を撮っては、浮かぶ人たちに送る。
返事を待って振り分ける。

そうして車を走らせゴミ処理場へ往復する。
気がついたら「ごめんよ、ごめんよ〜〜」そう言い続けている。雨土砂降りの中、泣きたくなってくる。

ごめんよ〜〜ごめんよ〜〜。好き勝手、自由に生きた私。
ごめんよ〜〜この家。
ごめんよ〜〜徳島の友達。
ごめんよ〜〜父ちゃん。
ごめんよ〜〜ごめんよ〜〜

今日は泣いても笑っても、ラストデー!
今日は、好き勝手、自由に生かせてくれて、ありがとう、ありがとうって思って掃除しよう!
そう思ったら、外もお天気です❤️
[PR]

by usa-kunisachii | 2018-05-20 00:05  

余裕がない私

e0231614_23592057.jpg

e0231614_23592019.jpg

e0231614_23592077.jpg

e0231614_23592018.jpg



BEPPU☆くにさち、最後のAirbnbのお客様は北京から。
会話は全てアプリ翻訳。
一期一会、全力投球〜〜!
終わった〜!バターン!

と倒れたいとこだけど、
やる事いっぱいあり〜の、
GW中に徳島に母を迎えに行くので、前後にやる事、気になることが、整理出来ないまま・・・・
ついに、頭が沸騰しました。

うっかりミスが多すぎて、手にメモ書きして!走りまくる私を、猫たちはチラ見して素早くどこかへ避難。

よく考えたら、満月で頭に血がノボッテたんすかね・・・
足元の野花に癒されました。

全て自分の思うようにしようとすると、宇宙からどんどん離れていき、疎外感に満たされます。気をつけよう。
[PR]

by usa-kunisachii | 2018-05-19 23:59  

美しき5月

e0231614_23561029.jpg

e0231614_23561079.jpg

e0231614_23561091.jpg

e0231614_23561198.jpg



カボスの花が咲いて香る。
野花可愛ゆし!
メルヘンのような場所を見つけた。
そこには野いちごが沢山。
子供が通らない場所なので、遠慮なくガッツリ頂きます!
[PR]

by usa-kunisachii | 2018-05-19 23:56  

ロミロミ出張

e0231614_2352333.jpg

e0231614_2352336.jpg



Walk Japanさんの【国東リトリート】のマッサージの仕事。年に2〜4回頂く大好きな仕事。
富貴寺に隣接するの「蕗の薹」の二階に出張します。

対象者は年齢層高い外国の方々。
今回は、インドネシア人、オーストラリア人、アメリカ人、ドイツ人、シンガポール人と、国際色豊か。

今回アメリカ人の女性(推定60代)が、身体の節々を触われない方で、本人もとても神経質になっていました。
初日、さてどうしましょう。では、浴衣の上からReikiしましょうか、、という事になりました。
Reikiはお手あてのようなものです。それで信頼を得て、翌日はオイルマッサージをして欲しいと頼まれました。
圧をほとんどかけず、超スローモードのロングストローク。大変気にいっていただいて、最終日は、これはどういうタイプのマッサージなのか、本当に良かったと、お互いに心を通わせたハグをし合いました。この瞬間のために、マッサージをしている気がします。

いろんな体型の様々な人種を触っていると、あまりにも違ってびっくりします。白人の頭蓋骨とか足の骨とか、マジ大きい!!
でも、結局は同じ。
骨と臓器と血管とリンパと筋肉と脂肪と皮。手足や目鼻があり、人間は人間。
きっと心の動きも同じ。

人間、愛しいなと思います。

体力的には正直疲れるけれど、大好きな国東半島の富貴寺さんからの景色を見やると、大きなものに包まれて、疲れが吹き飛びます。
ここで沢山のことを学びます。
[PR]

by usa-kunisachii | 2018-05-19 23:52