SBGトイレ進化中

e0231614_13155450.jpg

e0231614_13155434.jpg

e0231614_13155411.jpg

e0231614_13155429.jpg



FB投稿文

【SBG サクラビーチガーデン、女子トイレメーキングstory】

SBG。昨年の初夏から足しげく通って、この場所は本当にスペシャルだと感じてます。

ここに来て頂くお客様にも、今まで世界を見ていた視点が少しだけ変化するような「心の経験」をしていただけるといいな。

心豊かになる場所を目指して、SBGの家は「なるだけシンプルに」をモットーに改装していますが、

いつの間にやら、二階の女子トイレは私の好きにしてもよいことになっており、、

自由にしてよいと言われると、てんでわからなくなってしまいました。

元々は、グレーのタイルと白い壁。
床は柄の入ったタイルに、
男子トイレと洋式トイレが並んでいました。
未来の想像の余地なし、、。

トイレは二つとも外してもらって物置きになること半年。

大工さんに床をはってもらい、ようやく命吹き返すスペース。

沖縄のちーちゃん旦那さんに白に全部塗って頂き、、

やっと見えてきた色は、
それはピンク。
子宮の中の色です。

ピンクーー!?相方のさくらいさんが崩れ堕ちそうになっていましたが、そこは無視。

ピンクの色の配合が上手くいかず、あわや肌色で塗られそうだった冬至の日に、色の魔術師ゆかりちゃんがやってきて色を調合してくれました。

続いて真理子ちゃんがやってきて、木枠を白に塗ってくれます。

IKEAで買ったシンクと大工さんが作ってくれた木の枠組み。

照明は小さなシャンデリアをつけてみました。

上半分の白い壁もピンクにしてみました。
kamenos の純子ちゃんが嬉しそうに手伝ってくれました。

結果、沢山の人の手で愛でられたこのスペース。

毎日鏡で顔を見て、
排泄をする時間、

思っている以上に大切だと思うのです。
トイレに女神さま招きたい。
[PR]

by usa-kunisachii | 2017-02-03 13:15  

<< 春の音で身体開き 旧暦新年おめでとうございます。 >>