臍の緒と三つ巴

e0231614_1925458.jpg



産前産後のママをサポートするドゥーラという仕事があることを知ったのが3年前。
今世、出産の機会がなかったのでそんな形で関わりたいと思っていたら、自宅出産✳︎サエラ助産院の佐枝子先生から機会を頂きました。
天土の音のゆかちゃんと二人で「あわうずめ」というチームを組んで3月からスタートしています。

産後ママのサポートは言ってみれば主婦仕事。
掃除洗濯、上の子供たちの世話、食事の支度など。リクエストあらば、産前産後マッサージ(こちらが本職です)
今回は、ありがたく出産の手伝いをすることが出来ました。
四人めを出産のお母さんです。家に伺ってしばらくしたら破水しました。
そのお母さんと3歳の男の子の会話。
「ママー、これやってー」
「ちょっと待って!お母さん今それどこじゃないからね!」
このタイミングで子供に受け答えしているお母さんて凄い。

食事の内容だって、私たちはお乳の出がよいようにマクロビ的なものにしよう〜と考えていたけれど、お母さんのリクエストは、1にも2にも、旦那さんや子供が好きなものを作って下さい、でした。
ああ、お母さん!
お母さんて凄いなあ。

そうそう、感動したことがあるのでシェアします。
臍の緒のことです。
胎盤(プラセンタ)は横目で見たことはこれまでも何度かあったけど、構造を見たのは今回初めて!
胎盤と赤ちゃんを繋ぐ臍の緒は螺旋状ですが、
臍の緒の中に3本の血管が通っている断面を先生に見せてもらいました。
お母さんから赤ちゃんへ。赤ちゃんからお母さんへ、
動脈と静脈が二本の計3本。

感動したのはここからです。
その話をゆかちゃんにしたら、日本でよく使われるシンボルの三つ巴は臍の緒の中の3つの血管からきてるそうだね!と。
臍の緒は螺旋状だし、、確かに!!
なんだか凄いなあ!の連発です。

赤ちゃんが生まれてくる現場はもちろん感動なのだけど、以前あやかちゃんの出産に立ち会った時も感じた、このよく知ってる感覚はなんだろう。

佐枝子先生に「前世、産婆さんだったかもね」と言われて、
じんわりと嬉しかったです。

この場を借りて、佐枝子先生、貴重な経験をありがとうございます。
そして、birth keeperの仲間たち、ありがとう。
母ちゃん、痛い思いをして産んでくれてありがとう。
[PR]

by usa-kunisachii | 2014-06-04 19:02  

<< オーストラリア人マッサージ あわうずめ活動、重なるウィーク >>