レイオフさんワークショップ@宮崎ジール

e0231614_11314090.jpg

e0231614_11314067.jpg

e0231614_11314019.jpg

2011 11月13日

マウイ島のカフナ・レイオフさんのワークショップに参加しました〜!

国東からロングドライブto宮崎。
通訳は久しぶりに再会のマウイの美香ちゃん!
二人に会えて凄く嬉しかった。
それからArrangeしてくれているSaraさん。
懐かしい感じのひと。会えて嬉しい!

レイオフさんのワークショップの間、今にいる。という波長を体感したことがまず大きなギフト!
その中では安心で、大いなる何かに守られて、絶対大丈夫という感覚があった。
そこでは容易く愛情を表現出来る自分がいて、私もこんな風に自分を整えたいと思う。
この波長を毎日キープ出来たら!!
そして、そんな私の周りに集まる人々が同じように愛を表現しあう。
凄くシンプル。だけど簡単じゃない、目標が出来た!

☆レイオフさん曰く。
自分の生まれてきた役割を皆さん知りたがるけれど、私たちは探求の山を登り続けて、その頂上では真実の自分自身に出会う。答えは外にはない、自分自身にある。
自分を心地好い、嘘をつかない状態にしておくのが大事。

☆自分の内をハーモニー(調和)の状態にしておくと、世界もまたハーモニー(調和)の中にある。

☆ 自分が他人との境界を感じるとき、それは自分の過去の物差しで他人を計り、良し悪しを比較している。
そんなときは、深呼吸して〜自分の中をハーモニーの状態にすること。
今に集中すること。

☆チャント(祝詞〜ことだま)を二つ教えてくれた。
これはレムリアから引き継がれる秘密の音魂。
声に出すと、心地好い。
お風呂の中でチャンティングすればさらに効果があるそうだ。

☆水や大地は時間を超えた記憶を司る。

例えば、ワークショップのはじめに、みんなで持ち寄った各地の水をひとつのボールに入れて、それを竹の笛の音とチャントによって浄化した。
その後私たちはひとつになったように感じた。
水の神秘よ、、。

☆私には風のマスターがついていると教えてくれた。

自然の中で自分自身と会話をすることの大事さ。

クリスタルボールにて深い深いところで癒しと浄化が起こって終了。

個人的に質問したレムリアについて。
レムリアは過去でもあるし、今も別次元で存在している。
いい記憶ばかりあるかもしれないけど、過去レムリアで起こった分裂を今回起こさないよう、自分の中を調和さすのが大事。

311のような大事件の後、自分の中を調和さす。それのみで良いのか?もっと自分はアクションをしなくてはいけないのではないかという焦りについて。
調和することで充分です。

〜こう言葉にして書くと誤解が起こるかもしれないけど、レイオフさんの心の声は、あまねが調和していることが1にも2にも3にも大事。そこから発されることが大事。
というか、解決はそこにしかない。

そんな風に聞こえた。


なんということもない、緩やかな時間。穏やかなワークショップ。
だけど私の人生は今日から間違いなく正しい方向に向かって進み出した。
ありがとうございます。
[PR]

by usa-kunisachii | 2011-11-16 11:31  

<< 久しぶりの東京 宮崎の朝 >>