サクラビーチガーデン 台風の日

e0231614_13481542.jpg



【台風のSBGにネッシー現る】

台風キター!
SBGは海の目の前に位置しながらも、地形的に守られているのであまり心配いりません。

とは言っても、いつも湖のように穏やかな水面は、中潮の満潮を迎えて津軽海峡のように荒ぶれています。
(と書いてFBに投稿したら青森に住む友達から、津軽海峡は荒ぶれておりません!夏は!笑 とコメント。
失礼しやした〜〜。)

実はそんな景色を部屋から眺めるのも好き。
♪ジャックジョンソンが似合うのです。

ふと遠くに目をやると、
波に漂う生き物発見!!
わああああああー!!
ネッシーならぬ、ベッシーなるか!?

これね、流木です。

J ジョンソン聴きながら、
津軽海峡冬景色を口ずさむ。

こんな日もいい。
[PR]

# by usa-kunisachii | 2017-10-30 13:48  

かっちょいい東京写真集

e0231614_134450100.jpg

e0231614_13445154.jpg

e0231614_13445156.jpg

e0231614_13445188.jpg

e0231614_13445120.jpg



人の集う街。
吉祥寺のスタバで2時間も大きなカボチャのオブジェを眺めていたけれど、
いろんな人が待ち合わせして、集っては笑いながら消えていく様が良かったな。

愛おしいかったです。
[PR]

# by usa-kunisachii | 2017-10-30 13:44  

本当の幸せはあなたの心の中にあるのです。

e0231614_13403794.jpg

e0231614_13403766.jpg

e0231614_13403761.jpg

e0231614_13403786.jpg

e0231614_13403833.jpg



【本当の幸せは、あなたの心の中にあるのです】

久々の上京2泊3日。

手術を終えたばかりの近しい友達のお見舞いに。
それから、娘のようなふーちゃんの第二子を抱きに。
それと、自分の未来のためのイニシェーションに。

25年も住んだ東京に、
自分の残像はなく、
ここは私の愛しい人たちが暮らす街。

それで冷たい雨の中、
友達の居る場所から居る場所へ脇目もふらず移動。

ああ、思い出す、この身体の感覚。
雨の日の駅。
滑りそうな階段。
濡れた傘が身体にくっつく、ギュウギュウ詰めの電車。
息を上の方で吸い、
こっそり細い息を吐く。

東京は刺激的でお陰で沢山の経験と、
一生の友達(宝物)に出会えたけど、
本来田舎者の私の身体は正直で、きっと無理してたんだな。

今朝、ふーちゃんの長男想以くんが読んで〜と持ってきた絵本。
「なりたいなあ」by プレム・ラワット

この本はまるで私のようでした。

storyは、自分の仕事に不満を持っている若者が主人公。
ある日心の底から願って一番強いものに変身します。

まず大金持ち→王様→太陽→雲→風→山→そして・・・
最後の自分は最初の自分でした。
山から石を運び、街の人たちのための水飲み場を作る。
自分は石切り職人が一番だ。と最後の最後に、最初の自分に変身するのです。

3歳の子供と読みましたが、大人のための絵本でした。

これから、帰ります。
温泉県♨️おおいた〜〜!
東京と同じくらい愛しい人たちが住む町。
そして、
腹で呼吸の出来る町へ!
[PR]

# by usa-kunisachii | 2017-10-30 13:40  

大好きマコモさん

e0231614_23294887.jpg

e0231614_23294882.jpg

e0231614_23294820.jpg



【大好き??マコモさん】

続く食べモノ話題。
今回は神話の植物、真菰竹(マコモタケ)。
知人の下河原さんの田んぼで収穫させて貰いました。
秋の透き通った空の下、鎌でザクザクとカット。
気持ち良かった。

真菰は稲を巨大にしたような植物で、分けつした茎の下の部分を食べます。
生も美味しいけど、油が合うので天ぷらや炒めモノが旨い。

便通はもちろん、血圧や骨粗鬆症にも効果あるそうです。

葉っぱは乾燥させて、お茶に。
お風呂に入れてもいい。

旬が1週間しかない貴重な植物さん。
[PR]

# by usa-kunisachii | 2017-10-18 23:29  

Relationship

e0231614_7522160.jpg



信頼出来て、
頼りになる男。
どれだけ助けられているだろう。

私の苦手分野、
飛行機のチケットを購入する。
草刈機を使う。
コンピューターに関することは全て。
機械類のこと。
大人の人間関係の対応。

そんなこと?て言うけれど、
私には出来ることも沢山あるけど、
出来ないこともたくさんある。
それを一手に引き受けてくれる。

時々、僕はあまねちゃんの便利屋さんですか?
と嫌味を言われる。

そして、細かい。
いろいろ、小姑みたいに細かいんです。
私は時々、呼吸が出来なくなる。
オーラが小さくなって、
人生がツマラナイ、と感じてしまう。

いかん、いかんと、
また少しハメを外したりして軌道修正をする。

じゃあ、彼にとっても
私という存在が面倒になることもあるだろう。
そんな時は、何処かで深いため息をつき、
どうやって軌道修正してるんだろうか。

それでも、私はひとりで生きるより、
こうやって、重みを感じながら生きるのが好き。
[PR]

# by usa-kunisachii | 2017-09-30 07:52