葉祥明さん ”宇宙からの声”

この絵本があんまり素晴らしいので、無断で文を載せちゃいます。

とても、とても繊細で美しい絵がこの文と一緒にあります
先日、さちと行った鎌倉で、時間をかけて膨大な量の絵本の中から一冊選んで持ち帰りました。

この内容は、地震で何もかも変化してしまった
放射能が大量に地球に放射さて、銀河の時間空間を変化させてしまった
今、
とても大事なメッセージです。

私たちが、どこから来てどこへ行くのか。

これを知って生きるのと、そんなことには無関心に生きるのは大違い。

この世の中3次元で、これが好き、あれは嫌い、これは欲しい、あれはいらない。
こっちが偉くて、あれはダメ。成功したら勝ちで、失敗したら負け。
そういい続け、小さな枠の中で生まれ死んでいく。
愛憎の世界。
私たちが味わって表現するのは、この愛ではないはず。
もっと、大いなるところからくる、そこらじゅうにある”愛”

地震という天災が、原発によって人災となってしまったように、
もう、戦い、争い、騙しあい、コントロールしあう時代は終わりにしなくてはいけない。

誰が終わりにするの?それは支配者ではなくて、一般ピープル、私たち。
いつ、終わりにするの?
それは今!

さあ、葉さんの文で、私たちがどこから来てどこへ行こうとしているのか、
知って、、いえ、思い出してみましょう。。

058.gif056.gif072.gif

宇宙からの声

私たちは あなた方の 友人です。
あなた方 地球人が
どこから 来て、どこへ 行こうと しているのか、
その 真実を 伝えるために
はるかな 宇宙から やってきました。

宇宙の 誕生の 前に、
まず、大いなる 存在の、大いなる 思いが ありました。
思いは かげろうのように ゆらゆらと ゆらぎ、
そのうち かすかな うなりが 生じました。
うなりは やがて おおきく ひびきはじめ、
ひびきは ほのかに かがやきだし、
そして ついには、まぶしい 光となって 広がっていきました。

光は 少しずつ その波長を 下げ、
次々と 次元の ちがう 宇宙を 生み出していきました。
そして、ようやく 時間と 空間によって 形づくられた
物質次元の 宇宙へと 下がってきたのです。
あなた方が 宇宙と よんでいる 世界は、このように
見えない 次元の 宇宙から 生まれた、
と いうことを まず 知ってください。

あなた方が 今 こうして 生きているのは、
あなた方を 形づくっている 「いのち」の おかげです。
あなた方の 身体は、この宇宙の 星たちと
同じ もので できています。
あなた方、ひとりひとりの いのちは
大いなる 存在、大いなる いのちの みなもとから 流れ出た、
美しく 輝く さざなみの ひとつひとつ なのです。

あなた方が 今 見ている 宇宙は、
広大な 大宇宙の ごく一部です。
この 大宇宙は、無数の 銀河や 星雲、そして
何百億、何千億の 星たちで 満ち満ちています。
そして、その 創造活動は 今も 続いています。
これら すべてを 生み出した
大いなる 存在の 大いなる 思い ーーー
”愛” を 感じとってください。

あなた方のいのちは、時を 超え 空間を 超え、
ようやく この地球(ほし)に たどりつきました。
ガス体から、鉱物、植物、微生物、昆虫、魚類など、
さまざまな ものを 転々と しながら
ついには 動物界を 経て、
最後に 人間という 存在に やどるところまで きたのです。

人間となった 後も、
生と 死を 繰り返し、さまざまな 時代や 場所で
さまざまに 姿形を 変えて、あらゆることを 経験し、
今も 学びつづけ、
いつかは 「歓び」だけに つつまれて、
大いなる いのちの 根源へと 帰還するでしょう。
それは 壮大な いのちの 旅なのです。

地球は 今、新たな 成長を 始めています。
それは、宇宙全体に 影響を あたえるほどの
大変化と なるでしょう。
この地球の 生命進化の 先頭にいる
あなた方 人間は、
この星と すべての 生きものに 対して、
重大な 責任があります。
あなた方の 意識が 重要です。

新しい 時代、新しい 世界には、
新しい 意識が 必要です。
もう 今までのように 力づくで ぶつかり合う
やり方は 通用しなくなります。
優劣や 強さや 速さうや 大きさを 競う 世界ではなく、
争いによる 問題解決の 時代でも あいません。
地球上の すべての 国や 人が、
おたがいに 助け合い、愛しあわなくては いけません。

力の ある 者が、弱い 者を
支配したり おさえつけたりする 時代は 終わりです。
人間が 人間以外の 生きものや 存在を
一方的に 利用し、苦しめることも
新しい 地球では 許されない ことです。

自分と 自分の 家族の ことだけを 考えて、
ものや お金を 多く 所有しても
本当の 幸せは 得られません。
必要な ものが 必要なだけ あれば じゅうぶんです。
むしろ 自分が もっているものを、
多くの 人々、動物たちと 分かち合いましょう。
そこにこそ、真の 喜びと やすらぎが あるのです。

おおきい、おもい、かたい、くらい、あらい、
つよい、するどい、はげしい、つめたい、きつい、
これは 古い 世界の パワー でした。
れからは、
ちいさく、かろやかで、やわらかく、あわく、
あかるく、まろやかで、やさしく、すずしく、あたたかい、
と いうものが、パワーになります。

今日、あなたは だれかに やさしい ことばを かけましたか?
今日、あなたは だれかに やさしく ほほえみましたか?
太陽や 星や 月、そよ風や 小川の流れ、
緑かがやく 草や 木、美しい 花たちを ごらんなさい。
これが 調和のある 自然の 姿です。

宇宙は ”愛”という エネルギーに 満ちています。
あなた方は、そのエネルギーの 通り道です。
あなた方は 内なる 宇宙からの 愛を 引き出し、
そして 外なる 宇宙からの
愛を うけとるように なっています。
それは、いきを することと 同じです。
空気が なくては この地球では 生きて ゆけないように、
愛なしでは、何も 存在 できないのです。
ですから、生きとし 生けるものを 愛することは、
自然な ことです。それは 宇宙の 法則 なのです。

死への おそれや、苦しみや 悲しみも、
もう 必要ありません。
あなた方は、永遠の いのち そのもの ですから、
死というものは ありません。
死は あなた方を より 進化させるために ある
ひとつの 通過点なのです。

地球が 新たな 成長を とげるまでには、
いろいろな ことが おこるでしょう。
その多くは、あなた方の 思いや 行いによって
みだれた バランスを なおすための ものです。
それは、地球、民族、国家、
そして あなた方 ひとりひとりにまで およびます。

しかし、けっして おそれては いけません。
何が おこっても、
不安に 思わず、勇気と 希望を もち続けてください。
すべては よりよくなるための 変化です。
宇宙の 愛を 信じて、 歓びを 持って 生きるのです。

地球は 美しく よみがります。
私たちには それが 見えています。
ああ、あなた方に 美しく かがやく
未来の 地球を お見せしたい ものです。

あなた方は、大宇宙の 中では、
小さな 存在のように 見えます。
しかし、あなた方の 中には、
小宇宙が 広がって います。
大宇宙と 小宇宙は つながって いるのです。
いや、じつは同じものなのです。
生命と 人間と 地球と 宇宙、そして すべては ひとつです!
[PR]

# by usa-kunisachii | 2011-03-18 00:28 | 日々の出来事  

地震3.11

みんな大丈夫かあ~?

地震があったそのとき。
私は東京の武蔵小金井はイトーヨーカ堂の4階にいた。

フードコートの大きなテーブルに確定申告の用紙を出して、ヨシ!っと腕まくりをしたとき、だった。
頭がぐらぐらした。

ゆれは大きくなっていき、これは地震だ!と気がついて、
一気に荷物をまとめてエスカレーター方面へと飛び出した。
ああ、もうとっさにどうしたらいいか分からない。
自分のことで頭がいっぱい。

歩けるどころではなくなってきた。隣の売り場でマネキンの倒れる音、悲鳴。机の下へ避難する。
机の下っていっても、4階だよ・・とつぶやく。死ぬの?これで、死ぬのか?

5分は続いた永遠とも思える揺れの中、気がついたら呪文のように口にしていたのは、

「地球さん、ごめんなさい。
わたしたち、人間は自分たちだけが偉いというエゴで様々な人工物を作り出してきました。
地表がコンクリートで固められて、ビルが沢山たって、電気でうごくものがそれはそれはいっぱいあって、水は管の中を流れて、場所のとりあいでケンカして戦争して、核実験をしたり、枯葉剤を撒いたり、埋め立てたり動物たちを迫害したり、絶滅させたり。本当にごめんなさい。

地球さんが、嫌になるのも分かります。

でも、地震で沢山の人が亡くなって地球が悲しみで覆われるのはとてもつらいことです。
どうぞ、どうぞ、被害を最小にしてください。
私はこれから、地球の進化シフトに貢献して参ります。
どうぞ、私を使ってください。
ありがとうございます。ごめんなさい、許してください。愛しています」

・・・そんな言葉だった。頭で考えるよりも先に祈りの言葉を繰り返した。
揺れが一時やんで、エスカレーターを飛ぶように降り、外へ飛び出した。
どこにも通じない電話。
気がつくと、武蔵小金井の玄関の前にたっていた。
龍さんの顔を見て安心。
徳島の母になんとかCメールだけいれると、がくっと倒れて少しの間寝てしまった。

メールがつながった音がして目が覚めた。
「大丈夫?こちらは大丈夫。大丈夫か~い。仙台チームが心配です。」
そんな、思いやる言葉が次から次へと。
さちからも「あまちゃん、大丈夫?こちらは大丈夫」

「よかった、愛してるよ!」
「愛してま~す」
メールがこだまする。
何時間もかけて、家族の元へ歩いて帰ってきたみんな。
会社に寝泊りしたみんな。
仙台で、幼稚園の子供たちを守ることだけ考えてた美樹子ちゃん。
足場がないほどモノが飛び散りキャンドルだけですごしたという。

みんな、みんな、心から愛しています。
出会えてありがとう・・・

みんな、いつも側にいてくれてありがとう。
ありがとう。ありがとう。

今何を大事にするべきか、一番大事なことはなにか?
責任もって何をやるのか・・・
被害はどうなっているのか・・
頭がチリチリ、熱がでている。


[PR]

# by usa-kunisachii | 2011-03-12 22:52 | 日々の出来事  

さち

姪っ子のさち。17歳。
私のこのBLOGは彼女に捧げたもの(いつかのために)

さちの書くBLOGは、面白くて、ファンキーで美しいよ~~004.gif
食いしん坊だね。最近ますます料理も上手!
写真も文も上手。叔母馬鹿じゃ、あ~りませんよ(笑)

ただいま美大目指して、デッサン特訓中!らしい。

さちのBLOG”衝動と少年”053.gif
http://amakozi.dreamlog.jp/?p=2
[PR]

# by usa-kunisachii | 2011-03-10 22:09 | 面白い人たち紹介(リンク)  

さちとデート

さちとデート。いざ、鎌倉へ!058.gif

姪っ子のさちは17歳053.gif自慢じゃないけど(自慢だけど)めっちゃ可愛いです。
ART&ナチュラル系。

もうすっかり私の身長を抜いてしまったね。
鎌倉も、デートコースもさちが選んで決めてくれた。
こんな、幸せなことはないよ!!

さちは、小さいときから家庭の事情で苦労していたから、自分で選ぶことが許されてなかったもの。
いつか自分の価値観で何かを選んでいって欲しいなってずっと願ってた。
それが、この1年の成長は目を見張るよ。

自分の人生をしっかり舵取りしはじめたね。素敵だよ~~!!

お昼は、さちの友人あきちゃんのオススメ、びっくりおいしい出汁巻き卵やさん。
ふっくらジューシー!こんな出し巻き卵を作れたら、料理に自信がもてそうだね!

そして、私の希望で鎌倉八幡宮にご挨拶。
国東のお膝元、宇佐神宮は八幡様の総本山だから。
鎌倉は、私も学生時代にバイトしてた場所で~心から愛してる場所なんだ016.gif
八幡様で、過去と現在をつないでみる。導かれてた、あの頃から今へ。

今度は、さちの希望でさちの好きな「葉祥明さんの美術館」へ。
これがマイ大ヒット。

葉祥明さんの絵にはすべて言葉がついている。
というより、まず言葉があるらしい。
そしてその世界を絵にするんだそうだ。

彼が表現したいもの、それは見えない偉大なもの、だそうだ。
ある人は、哲学者となり探求し、ある人は宗教家となり探求する、ある人は科学者となり探求する。
その神ともいえる見えない偉大なもの、それを 絵で表現したいんだそうだ。

絵も、メッセージも素晴らしく、そこを離れるのが嫌なくらいにぞっこん惚れてしまいました。

さち君、こんな素敵な場所、教えてくれてありがとう053.gif

葉祥明さんの故郷、熊本の美術館にいつか行こうね!楽しみにしているよ。

ちょっと余談だけど、私の両親(さちにとってはお祖父ちゃんお祖母ちゃん)に
葉祥明さんのPOSTCARDを一枚ずつ選んで、お手紙にして投函したの。

私が父に選んだのは、明るい緑の大きな木と木陰が広がる絵はがき。黄色がポイント。
さちが、お祖母ちゃんに選んだのは、明るい緑の平野の小さな家の前に立つ女の子。
やはり黄色がポイント。
沢山ある絵葉書の中から、同じ彩りの絵を選んだ。
まったく違うタイプの父も母も本質は似たもの同士だったのかな・・・・とぼんやり思う。

同じ血が流れるさち、父母、兄、義理姉、ご先祖さまに感謝。
こんな幸せな一日を本当にありがとうございます。
[PR]

# by usa-kunisachii | 2011-03-09 23:13 | 日々の出来事  

えにし(縁)

えにし(縁)とは、人と人のご縁、つながり、関係のこと。

今日ね、面白いことがあったよ。

武蔵小金井のイトーヨーカ堂の上の飲食コーナーのTableで陰陽について思いをはせていたら、
80歳くらいの年配の女性2人が、キョロキョロと座る場所を探している。

目があったので、同席どうぞ、のサインを送る。
二人とも80歳くらいながら綺麗にお化粧してお帽子かぶって、立派な指輪を何個もつけている。
向かいに座って二人が手づくりのご飯をシェアしているのを面白くこっそり観察していた。

途中、一人が席をはずし、残った女性と話がはじまる。
まったく知らない人と、一体なんで会話がはじまるか?って・・・

具体的には、心を開いて、その人のほうを向くだけ。
むこうも、そんな気持ちでこちらをむいていたら、成立。会話がはじまるの。

その方は、「私は、84歳よ。でも人間年じゃないのよね」とスタートをきった。
「どう生きたかが、その人間なの」と。

自分には子供が二人いて、上は小さいときから活発。弟は小さいときから大人しかった。
弟の方が大学に就学していたとき、突然分裂病になって、それは家族ともに苦労した。というの。

女性の話は続く。私はね、主人にこういい続けてきたの。
わたしたちは自分の時間を思い切り生きましょうと。
だから、私はなんでもやるの。舞妓もやってこの間は、舞台にたったのよ、と。
主人は今94歳だけど、とっても元気。わたしたちは、結局息子に生かされたのね。と。
そしてね、彼の病気はだんだんよくなって、54歳で昨日はじめてスーツを着て就職活動をしたのよ、
とそれは嬉しそうに報告してくれた。

私は、年上の女性の知恵のある言葉を集めて、冊子をつくりたいと常つね思っている。

なんだか、じーんと感動して少し興奮したまま
「私は最近主人について、大分県の山の中での暮らしをはじめたんですよ。」と言った。

その女性は「あら!私は大分出身なのよ、大分の久住よ」と目を丸くして答える。
そして、もし久住に行くことがあったら、私の実家を訪問してね、と◎◎屋と紙に書いてくれた。

そして、別れ際に「えにしね」と言った。

えにし(縁)

話してみたら、つながっている関係が沢山ある。

こんな、一度しか会わない人だって、背後ではつながっているのだ。

今日電車に乗合わす同じ両の人。
喫茶店て背中あわせに座る人。
エレベーターで乗り合わせた人。
いつも行くコンビニやスーパーの店員。
同じダンススクールのメンバーや先生。
クラスメイト。
バイト先の人たち。会社。
おなじマンションに住む人たちだって実は背後ではつながっている。

まして、仲良しの友達。恋人。結婚する人。どんなに縁が深いだろう。

嫌いな人。それも同じくらい縁がある。(これ大事)

縁のある人を丸ごとみとめよう。

縁のある人たちに幸せになってほしいと願おう。

縁のある人たちを愛しく思おう。

あっという間に縁は世界一周をひとつに包むだろう。

えにし(縁)

ありがとう。
[PR]

# by usa-kunisachii | 2011-02-26 13:56 | 日々の出来事