虹の岬終了

龍神の浜の八大龍王さまの木。

東京の銀河ファミリーと再会して、
国東ファミリーと融合して、日本の未来を祈る。

個人レベルでも取り返しのつかない悲しい出来事があった。
まだ言葉にできない。
でも、命を、泰平くんの命を、わたしたち一人ひとりがしっかり生き切る!
みんな、そう心から思っているよ。


ありがとう。
e0231614_081711.jpg

e0231614_081758.jpg

[PR]

# by usa-kunisachii | 2011-05-10 00:08 | 日々の出来事  

母の日 感謝。

国東、わが夷谷の横岳(私の住む7軒の集落)には3人のお母さんがいます。

チズコさん、としこさん、はるさんの3人。
隣のうち、前のうち、上のうちというミラクルトライアングルに囲まれているよ。

野菜つくり、田んぼつくり、漬物、料理、なんでも教えてもらえる賢者たち。
それ以外に、私は心から愛を教えてもらってます。

本当に感謝。言葉では言い尽くせない。

カーネーションの鉢植えを持って行ったら、
3人ともこちらの方が恐縮してしまうくらいに喜んでくれて。

お返しにと、どっさり野菜やら、おかずが届いたよ。
お返しの、お返しの、それまたお返しの、お返しが

ずーっと続くんだな・・・・

ありがとうございます。
[PR]

# by usa-kunisachii | 2011-05-08 00:36 | 日々の出来事  

お食事の前と終わりに唱えましょう

虹の岬祭りに、毎晩沢山の差し入れを持って通ってきてくれた両子寺の豪淳さん。

毎夜、焚き火を囲んでキャンプとは思えないご馳走を食べたっけ・・

お食事の前に唱えるこのお祈りは、すっかり国東チームの習慣となりつつあります。


<天台宗>

(食前観)

我今幸いに、
仏祖の加護と衆生の恩恵により
此の美わしき食を受く。
謹しみて食の由来を尋ねて
味の濃淡を問わじ。
謹しみて食の功徳を念じて
品の多少を選ばじ。
「頂きます」


(食後観)

我今此の美わしき食を終りて、
心豊かに力身に満つ。
願わくは此の心身を捧げて己が業に勤しみ
誓って四恩に報い奉らむ。
「御馳走様」

覚えましょう!唱えましょう!合唱して!ありがとう。
[PR]

# by usa-kunisachii | 2011-05-05 00:56 | 日々の出来事  

虹の岬祭り

e0231614_22304278.jpg

5月1日から5月5日まで、キャンプインの音楽イベント!
21年目の今年はなんと国東で開催。
主催は、九州のアイドル!?ではないけど、人気ロックバンド”DADACHILD”のろくろうさん。
子供の日を祝って、大人だって子供心でいよう、子供たちに明るい未来があるように。
そんな目的で開催されました。

なんと全国から2000人の参加だったそう。

東京や仙台から友達や姪っ子のさちも参加で賑やかです。
国東村を、やーやまやのしんさん、乙女ちゃんたちと一緒に作る。
なんと一週間前から準備。

このお祭りのもうひとつ裏のスローガン

それは、原発反対。

そんな理由で、キャンプインです。
火は、焚き火。カセットコンロ。
水は、少ないので参加者全員で、分け合います。

トイレも水洗だけど一箇所です!
国東村から遠いので、途中カッコイイ穴がさりげなくテントの近くにあけられました。

避難してそうなっているのではない、楽しむためにそうしている。

だけどこんな経験が、東北の避難所で暮らすひとたちを思い、
今までの贅沢を反省して、
次へのアクションへと繋がりますように。

心に刻む。

ごめんなさい
許してください
ありがとう
愛しています

私たちがどこへ進むかは、また私たちが考え意思をもって決めます。
願わくば7世代後の子供たちが笑顔で生き生きと生活できる、そんな未来の選択を。
[PR]

# by usa-kunisachii | 2011-05-04 22:30 | 日々の出来事  

文殊仙寺 ご開帳


12年に一度の兎の年、その扉は開かれる。
お寺の住職さんさえ、12年に一度しか拝めないそう。
その仏像は「文殊菩薩」(もんじゅぼさつ)。
知恵の仏様。

長い階段を上がり、護摩木をいただく。
私の書いた願い事は
「開眼し心安らかな中で、世界平和、日本の再建に願う形で貢献できますよう。」
住職さんに経典でお払いをしてもらってから、文殊菩薩さまの前に。

戦前は33年に一度、しかも木の格子の向こうからしか拝めなかった仏像が
今、目の前に。

そのお顔を見ていると、
言葉では言い表せない感動で身が包まれた。
謙虚という言葉が近いかな・・・

その大きさ20センチくらいだろうか。

心がどんどん澄んでいくのを感じる。
心にはもう何もない、そんな状態で裏へ周るとお寺の方が霊水を飲ませてくれた。

国東の文殊山寺からは、四国も山口も見えたよ。

1000歳だというケヤキの木に挨拶して帰る。

5月8日までのご開帳のあと、9月23日から11月27日までまた開かれる。
11月26日&27日は護摩焚きが行われるそうだ。
そうして、また扉が閉じられる。

12年後

必ず、またご挨拶に参ります。

ありがとうございます。


e0231614_10455847.jpg

[PR]

# by usa-kunisachii | 2011-04-26 00:33 | 日々の出来事