<   2017年 06月 ( 9 )   > この月の画像一覧

 

2017 夏至のベトナム 3人旅

e0231614_23531348.jpg

e0231614_23531383.jpg

e0231614_23531342.jpg

e0231614_23531367.jpg

e0231614_23531386.jpg



今年は珍しいところで夏至の朝日を拝みました。
ベトナム、ホーチミン。
サイゴン川の向こうから上がるおっきな赤い太陽。

グアムのちかちゃんと、パラダイスのさくらいさんというなんだか恒例にもなってきたオモシロ3人旅。

地元の人しか居ないような食堂も、ここは絶対に渡れないだろうという道も、非日常の贅沢も、ベトナムの市場も、朝の散歩と体操も、何もかも心の肥しに。

マッサージもゲストハウスも
また気分新たに発信していきます。

キャットシッターはアロハライフのヒロ&ナナちゃん。
留守を守ってくれてありがとう。


iPhoneから送信
[PR]

by usa-kunisachii | 2017-06-23 23:53  

果樹の裏表

e0231614_23485854.jpg

e0231614_23485951.jpg

e0231614_23485929.jpg

e0231614_23485954.jpg



【SBGの果樹の表裏に、ある日突然気づくの巻】

表年に沢山実をつけた樹木は大変お疲れで、お花を咲かすのをお休みし、翌年(裏年)は実をあまりつけないそうだ。
よく聞く話しだったけど、
ここまでとは、、。

昨年この時期に出会ったSBG(日出町の海辺のゲストハウス)。
ちょうど丸一年。
そこには有難いことに先代が植えた沢山の果樹があります。

今年は琵琶と梅が沢山出来て、誰か採りに来て〜!と嬉しい悲鳴をあげました。
しかしよく考えたら昨年オレンジ色の琵琶の木をここで見た記憶がない。

梅もそう。
昨年梅と思ったのはスモモで、梅は成っていなかった!?

では、今年そのスモモは?というと実自体は大きいのだけど、数えるほどしか成ってない。

では、昨年たわわ過ぎるほど成ったカボスの木!!
いやーん、もしやっ!!
坂を駆け上り見てみると、
実がついてないっ!
まさかの20個くらい!?
そうだ、お花も咲いてなかった
↑遠い目。

では、その隣りのネーブルの木は!?
今年、柑橘系の甘い香りで楽しませてくれた。
わっ、1センチほどの実が沢山成ってる!
昨年はカボスと間違えられたネーブル。少ししかなかった。

では柿は?
昨年柿が沢山成ったよね!?
忙しく坂を駆け下り、見に行くと、もうあるはずの小さな青い実がない。

ぎゃー!!(気づきサウンド)
昨年、みかんがたわわだった。呆然。
今年、みかんの木からいい香りはしてこなかった。

今年超楽しませてくれたあの星の数ほど成った甘い金柑は!?
今年花を咲かせてなかったね。
がっくりポーズ!!

頭はくるくる回転する。
もしか、花も?
今年マグノリアが凄い綺麗に咲いてた。
そうだ、昨年はあまり記憶にない。

今年、桜は期待以下だった(ごめん)。
てことは来年は凄いかも!!
ガッツポーズ!!

そして、ハッと気づく。

上に住んでるオジちゃんは、毎年安定した実が成るように枝の数や花の数をコントロールしているように見える。

要するに沢山花が咲いたら、花の数を整理するんだ。。

知らなんだ、知らなんだ!
いい気になって来年みかんを採りに来て下さいね!!
なんて、言ったような、言わなかったような。
いや、言ったと思う。

にゃーーーーーん!!
誰に、てわけじゃないけど、
ごめんーーー!
[PR]

by usa-kunisachii | 2017-06-23 23:48  

女の愛情

e0231614_9323593.jpg



みーちゃんは、新しくて綺麗なところが好き。
どんなに好きな場所でも、ある日突然、自分の毛や匂いがついた場所には行かなくなる。
だから、私はせっせと洗濯して、お日様の匂いのする洗濯物にみーちゃんがすっ飛んで行くと、
あーあ!やめてよー!とか何とか言いながら、幸せを噛みしめる。

みーちゃんは、偏食だ。
あんなに大好きだったカリカリにもある日突然見向きもしなくなる。
封を開けたからこれ最後まで食べて欲しいなー、と根比べになるけど、みーちゃんのハンガーストライキの意思の強さにだいたい私が負ける。

みーちゃんたらもう、
女王さまなんだから!!
と言いながら、幸せを噛みしめる。

女は愛情の塊。
その愛情を自分に向けるか、他人に向けるか。
生涯を通して、どちらも学ばされる。
そのバランスが崩れると、何処からかしっぺ返しが来るのを知っている。

私、こんなにみーちゃんを愛して大丈夫だろうか。
[PR]

by usa-kunisachii | 2017-06-13 09:32  

道産子ドッシー

e0231614_2015412.jpg

e0231614_20154100.jpg

e0231614_2015411.jpg

e0231614_2015411.jpg


【道産子ドッシーくん】

さくらいさんが4日間の出張の間、馬のドッシーの世話を頼まれたんだけど、、
私はまだ手綱を持つことを許されていないので、
(徒競走で負けて以来、力関係は私が下)
草が沢山ある外へ散歩は
出来ないんだよ。ごめんね。

本来心優しく大人しいドッシーも、食べることが毎日の楽しみなもんだから、
「いい加減外に出せよー、このクソババア〜〜!!ヒヒン!!!」
ヒズメでカッカッカッ!てなってきた。
カロリーの高い乾燥トウモロコシばかりあげてられない。
ああ、どうしよ。
4日間持つかな、、、

ふと、さくらいさんが冬場に笹をあげてたのを思い出して、竹を切り出してあげてみたら、超食いつく!!
パンダみたいになってるよ。

そうだ、琵琶も食べるかな?
種に毒性があるの大丈夫か?見ていたら器用に吐き出して食べていた。

4日め、ドッシーが私を見たらとんできて擦り寄ってきた。お顔を覗き込んだら目と目が合う、、、。
馬の目の中。プチ宇宙!

んー、んー!?
それにしても、このツンデレは誰かに似ているぞー。

あっ、みーちゃん。かも。
[PR]

by usa-kunisachii | 2017-06-11 20:01  

ドクダミ茶

e0231614_9121728.jpg



ドクダミを洗い、
干して乾燥したのをさらに炒る。

毎年すこーしずつ残って結局処分したりする手作り品は、さっさとみんなにシェアして自分もコツコツ食べて、
消費するのがコツ。

作る喜びに溺れてはいけない。目的を思い出す。
それ大事なこと。
[PR]

by usa-kunisachii | 2017-06-05 09:12  

二色スムージー

e0231614_975316.jpg



ベースは冷凍したバナナと小松菜。それから、海水トマト。
豆のグラノーラに紫陽花を添えて。

よく出来ましたー!
旨し!
[PR]

by usa-kunisachii | 2017-06-05 09:07  

kamenos Veagan class

e0231614_2310399.jpg

e0231614_231038.jpg

e0231614_2310385.jpg

e0231614_2310397.jpg

e0231614_2310311.jpg


















今週初めに日出町のkamenosでVeagan Cooking School vol.2のWSに参加。
自家製豆板醤に興味があっからです。(超簡単でウマウマ)

Veaganより何より、中津からお越しの「総合療法研究所ホリスティックカフェの幸恵先生」の内から輝く美しさにノックアウトされて、私はオッさんみたいに鼻の下が伸びたままクラスを終了してボーッとして帰りました。

幸恵さんのこだわりの調味料が印象的。麹や塩にこだわるとこんなに味が違うものなのかと驚き、
「塩はルーツに近いものを選ぶとよい、それを頂いて入るだけでも先祖供養になる。」
これには感激しました!

スムージーにドクダミやヨモギを少量入れたのも新発見。
梅雨の前までにしっかり汗をかいて、毒素排出、デトックス!だそうですよ〜。

いくつになっても学べるのは楽しい。出会いも嬉しい。
若返り〜〜??



iPhoneから送信
[PR]

by usa-kunisachii | 2017-06-02 23:10  

やしろ海水トマト

e0231614_15194836.jpg

e0231614_15194997.jpg

e0231614_15194980.jpg

e0231614_15194975.jpg



【海水トマト美味し】

日出町kamenosのじゅんこちゃんに、日出町の名所『海水トマト』の現場に連れて行って貰いました??

いま、日出町の甘〜くて美味しいトマト達が口コミで大人気らしいのです。

私も友達がお土産にくれて以来、この美味しさをみんなに分かち合いたくてスーパーでちょこちょこ買うようになりました。

でも昨日現場を見学してお話しを伺って、ますます思いが募りました。
食べものって、作ってる人の顔が浮かぶ。そういう背景がいいですね〜〜

また、kamenosじゅんこちゃんの独自なインタビューが素晴らしく面白いんだって!!
「なぜ、この海水トマトを作ろうと思ったか。」
短時間で深いところまで突っ込んで聞き出してくれて、私もご本人の言葉を直に聞くことが出来ました。感謝!

海水トマトを作られている佐藤さんは70代半ばだそうですがハツラツとされていて、佐藤さん曰く、
「みんなが繋がって支え会って生きているんだ。
自分だけが良ければいいという考えはつまらない。
農をするのもただ作るだけではつまらない。
産業まで見通してこの土地を活性化していきたい。
そのための、新しい視点。
誰もやってないことにチャレンジする勇気。
何事もまずやってみること」

道すがら、そう話してくれました。
海水トマトの、水と海水のバランスがようやく落ち着いて来たとおっしゃっていました。
チャレンジ精神もコツコツ精神もないと出来ない。
その大元にあるアロハ精神。

海水トマトは日出町なら農協産直ふれあい、オレンジマートなんかで買えますが、
ぜひ、ぜひ、ぜひ現地の新しく作られた小屋に買いに行って貰いたいなあ。

のどかな海と山にはさまれた場所。
海辺には長〜い〆縄で繋がれたパワースポットもありました。
12月〜6月がシーズンだそうなので、今年はあと少し〜〜!
[PR]

by usa-kunisachii | 2017-06-02 15:19  

小林千恵子誕生日

e0231614_1518884.jpg

e0231614_1518886.jpg

e0231614_1518894.jpg

e0231614_151881.jpg



【Chieko Kobayashi の誕生日を祝う】

私がいま、大分県に住んでいるのも、千恵ちゃんが国東半島田染に住んでいたからなんだよね。

九州に移住しようと考えての旅の間、少し前に大分県に移住していた千恵ちゃんちを訪問したんだ。

田染の朝日夕日観音の山の稜線が目に飛びこんできた時の感動は忘れられないな。

こんな昔話みたいな美しい星降る里に千恵ちゃんと麻耶ちゃんがたった二人で住んでいる。
ああ、こりゃ、私もここに来ねば!!、てね。

そして、あれこれいろいろ、お互いに必死の年月を経て、学び成長して、
普通という繰り返しの日常が一番の贅沢だと知った。
それをお互いにシェア出来るのが嬉しい。

千恵ちゃんはいま、日出町で神楽とヨガと畑に生きている。

私も千恵ちゃんの寺ヨガに通い出した。
千恵ちゃんのヨガは、
ありのままの自分という神様と出会うためのツールで、
ロミロミも同じく。

やっぱり私もそこが一番の興味なんだと思う。

お互いに今後もっと経験を重ね、
さらに殻を脱ぎすてたら、
どんな会話をするのかな。
楽しみです。
[PR]

by usa-kunisachii | 2017-06-02 15:18