<   2016年 10月 ( 14 )   > この月の画像一覧

 

naminone ホームページより

e0231614_1102743.jpg

e0231614_1102817.jpg

e0231614_1102862.jpg











ロミロミ n a m i n o n e
ホームページはこちら
http://lomilominaminone.jimdo.com

【ロミロミのおわりに鐘を3回鳴らす訳】

ハワイ島でロミロミのクラスを受けていた時、こんな質問がありました。
「ロミロミと街のクイックマッサージの違いは何ですか?」

クム(先生)は深い声で答えました。
「祈りがあることです」

祈りや思いは目に見えないものです。
でも、目に見えないものは、目に見えるもの以上に力を発揮することがあります。

街のクイックマッサージに祈りがない、と言っているのではなくて、
私は施術中にその部分をもっと大切にしよう、と思いました。

ハワイでは自分の中に3人の自分がいる。と言われています。
ひとつは「顕在意識」「身体」。
ひとつは「潜在意識」「心」。
ひとつは「超意識」「スピリット」。

身体に集中しがちな施術中も常にあと2つの領域があることを心にとめています。

ロミロミの始まりは、お客様の人生がよりよいものとなるように施術をさせていただく許可をとり、祈るところからはじめます。

終わりには「肉体」次に「心」次に「スピリット」に向けて3回、鐘を鳴らします。

お客様の健康や幸せを祈るとき、まず私自身が健康で幸せであろうと気づかされます。

「ロミロミは人生そのもの」と言いますが、本当にそうです。自分自身がよりよい人間でありたいと思います。

p.s
ハーブボールが大好評です〜〜!!
足りなくなって、昨日お友達と一緒に作成しました。
庭のドクダミ、ヨモギ、柿の葉、散歩中のスギナ、友達の持ち寄りのレモングラス、マコモの葉、レモンバーム。
この地のエネルギーたっぷりのハーブボール。11月初旬で一旦終了です。
気になる方お問い合わせください。
[PR]

by usa-kunisachii | 2016-10-29 11:00  

秋の草花満開でーす

e0231614_19542216.jpg

e0231614_19542364.jpg

e0231614_19542353.jpg

e0231614_19542420.jpg

e0231614_19542414.jpg



1キロからスタートのウォーキング。
続けたいなー、少しずつ距離を伸ばして5キロ目標。
[PR]

by usa-kunisachii | 2016-10-25 19:54  

【言葉に助けられ、玉ねぎの中心の愛にふれる】

e0231614_8195513.jpg

e0231614_8195580.jpg








FBの投稿で大きな反響がありました。若い頃自分だけと思っていた悩みは、みんな同じだった。こういうの、学校教育でやればいいのにね!

【言葉に助けられ、玉ねぎの中心の愛にふれる】

私と父は長年こじれていました。
今やっと、お互いに関係を修復しようと寄りそっています。
でも今回の帰省中、会話の中で父の思いが爆発しました。

「お前の人生は失敗の連続だ!就職も失敗、結婚も失敗、田舎への移住も失敗。
いま、お前は何か人の役に立つようなことをやっているのか?これからやろうとすることだって失敗するんじゃないか?」と。

昔の私なら、
A.悔し涙を流す。
B.地団駄を踏む。
C.諦めて静かに出て行く。

でした。
必死で言い返す言葉は意味不明。自分でも自分の人生がよくわかっていなかったのです。

だけど、私は少しずつ成長して、言葉を学んでいます。
カードリーディングを仕事として出来るくらいになったのです。

会話というのは、とっさと、とっさの掛け合わせ。

自分を全否定されたとっさの瞬間に、 その学びは役に立つでしょうか。

私は泣きも怒りもしませんでした。
たまたまその朝にトイレに見た相田みつをさんの言葉に助けられたのです。

「しあわせ はじぶんのこころが決めるもの」

私はこう言いました。

「仕事のことやけど、
父ちゃんが毎朝気に入って食べるパンを作る人だって、工場で袋を作る人だって、巡り巡って人の役に立っているよ。みんなが尊い存在で、仕事に上下はないと思っているよ。

父ちゃんから見たら、私の人生は失敗かもしれんけど、
経験して私の魂は学び成長することが出来た思っている。
振り返ってみて、自分の人生を失敗と思ってない。」

・・・沈黙。

「そうだ、私はそのことを父ちゃんに知っておいて貰いたかった!」
そう付け加えました。

父は、黙って小さく頷きました。優しい顔をしていました。
まるで、面接試験に合格したような気分でした。

「あなたは〜だ。」
ではなく、
「私はこうするのが好きだ」
会話の方程式が上手く使えました。

親と自分の間には玉ねぎの皮のように厚い思いがあって、
長年年月をかけて大きな玉ねぎが出来て、また長い年月をかけて玉ねぎは剥けてゆく。

中心では「愛」が辛抱強く待っていてくれる。

中心の愛に触れた時、
それが一番欲しかったものだと気づきます。
[PR]

by usa-kunisachii | 2016-10-24 08:19  

冨田さん@BEPPU☆くにさち

e0231614_1918885.jpg

e0231614_1918859.jpg

e0231614_1918889.jpg

e0231614_1918993.jpg













FB投稿文

静岡の冨田さんがBEPPPU☆くにさちへ!
長崎ねんりんピック、社交ダンスに出場後(スゴイ)に寄って下さいました。

ところで2016年10月スーパームーン前後は意識次第で今後の動向が変わる大切な日だとか!?

そんな日にBEPPU☆くにさち滞在の冨田さん。
実は私のkey person。
何が起こるかワクワク!

東京に住んでいた時、私の初めての庭を見た冨田さん。
ハーブが思うように育たない、とこぼした私に、

「あまねさんは雑草は嫌いなの?この庭には元気がないよ。雑草は上だけ刈れば?」

鍬という字も読めなかった私が自然農を学び、いまココにいるのも、もしかして冨田さんのあの一言。

それから、こんなこともありました。

「あまねさんは、2013年にアセンションしたい?
僕は決めかねているよ。
まだまだ地球でしたい事があるからね」

立派な社会人がスピリチャル用語の"アセンション"を口にするのも、そのことを真面目に考えていることにもびっくりしましたが、
私が地球でしたい事は何かを考えるきっかけとなりました。

こんなこともありました。
時代の移り変わり時、パソコンを嫌がる私に冨田さん。

「あまねさん、パソコンの中にクオーツが入っているのを知ってる?
クオーツ=水晶は記憶を貯蔵するからね、パソコンはテレパシーの準備段階だと思えばいいよ」

今、私が気持ちよくコンピューターとお付き合い出来るのも、冨田さんのあの一言があったからこそ。

さて、今回の別府滞在中、
「ロミロミだけは初日にする」と決めて、あとは完全信頼のシンクロジャーニーとしました。

もちろんですが全てが祝福の中で流れるように進行。

シンクロウェイブで大分県の近しい友人たちも紹介出来、恵びすの蕎麦まで食べられた。

日出で進行中のnew landでは、冨田さん自ら穴を掘って〜この土地ではどういう植物が育つか〜を見てくれました。そこには元気なミカン畑も発見!

柿、カボス、椎茸を摘み、ミカンを食べ、海鮮丼を食べ、温泉に入り、
「あまねさん、豊かな場所で幸せそうですね!安心しました。また必ず来ますよ。」

そう言って下さい涙が出そうになりました。ありがたい。

途中四国までドライブを共にした冨田さん。(郷里がお互い四国なのです)

"アナスタシア"
"カタカムナ"
この二冊の本を私に残し、

私の道がまた少しずつ方向を変え照らされているようです。

iPhoneから送信
[PR]

by usa-kunisachii | 2016-10-20 19:18  

秋の空がたまらん!

e0231614_12233922.jpg

e0231614_12234084.jpg

e0231614_12234010.jpg

e0231614_12234035.jpg



杵築サンセットパラダイスのsakuraiさん家から眺める壮大な夕焼けショー。

猫たちも見とるか!?
んー?
[PR]

by usa-kunisachii | 2016-10-17 12:23  

天才真理子の消しゴムハンコ

e0231614_12192722.jpg

e0231614_12192730.jpg

e0231614_12192732.jpg

e0231614_12192783.jpg

e0231614_12192750.jpg

















以下の文をFBに投稿したら、皆さんの暖かい大反応!!
ありがとうございます。
いつでも、オーダー下され。

天才Mariko Amenomoriの消しゴムハンコ展@ことりさん
向田海岸:国東半島。

明日(10/16)までやってます。
映画のワンシーンに出てきそうな海辺の小屋で、真理子ちゃんの世界を堪能しました。
ことりさんのカフェオレも美味しかった。
真理子の小屋では一時間以上かけてマイオリジナル手縫いを作成して大満足。
なんと1000円!

真理子ちゃんの世界。
誰もがビックリです。

真理子ちゃんに成り替わりまして、営業タイムです。
真理子ちゃんに屋号のハンコを注文してみませんか?
シンボルなども相談したら作ってくれますよ!
すでにロゴがあるならお安い御用だそうです。
屋号だけなら2500円くらいから〜シンボルやホームページなど細かいのが入っても数千円だとか。
とにかく、彫るのが好きなんです。

私も領収印や、保存シール用のハンコを作ってもらって愛用しています。後ろにコルクをつけてくれますよ。

ことりさんにもぜひ足を運んでみて下さーい!
[PR]

by usa-kunisachii | 2016-10-17 12:19  

秋は豊穣の時

e0231614_118961.jpg

e0231614_118939.jpg

e0231614_1181086.jpg

e0231614_1181080.jpg

e0231614_1181087.jpg



春に芽を出したものたちが、やがて花を開かせ、
実をつけます。

豊穣の時!!

農家の皆さんのように土に生きるわけでもなく何もしていないのに、
その恩恵に預かれることをどれくらい感謝しているでしょうか。(自問自答)

今日は満月。
オハギを頂きました。

この秋、収穫した米と、
収穫した小豆で作られた最上級の贅沢品。
オハギを食べながら月を愛でる〜〜至福だね。
あーあ、もう食べちゃったけど、笑。

今朝は、新米を炊いて明太子と、ヒジキを炊いたのを一緒に食べたら、超美味しくて唸ってしまった。

新しい土地に、
(このことはゆっくり書きます)いろんな実が成っていました。

冬柿の木達がヤブの中から顔を現した時はビックリ仰天。
蚊の大群にも負けず、収穫!

本当何もしてないのに沢山成ったんだね。ありがとう。

カボスの木も二本あって、
絞って瓶に入れて保存。

柿は玄米酢に漬けて、
まろやかな柿酢を作ります。これは初挑戦!

ありがたやー、
ありがたやー!
[PR]

by usa-kunisachii | 2016-10-15 11:08  

日本の薬草でハーブボール

e0231614_19523591.jpg

e0231614_19523584.jpg



【ハーブボールでリラックスしませんか?】

別府では知る人ぞ知る"喫茶エンゼル"さんにて、日本の薬草を使ったハーブボールを作るWSに参加しました。

日本の薬草というところにビビッと反応しました。
このハーブボールには、
ヨモギ、ドクダミ、ビワの葉、柿の葉、桑の葉、スギナ、レモングラス、レモンユーカリ、カボスの実、小豆、黒豆が入っています。

効用を書き出すとキリがありませんが、とにかくヤバイ(素敵な)ハーブボールが仕上がりました。

ハーブボールは蒸して温めたものを、直接肌にあてたり、服の上から施術します。

早速、翌日いらしたお客様に試してみました。

ロミロミをする前に、
蒸し器で温めたハーブボールを眉の間、耳、首周り、まぶたの上、頭の天辺などにゆっくり当てていきます。

なんとも調和的な和の香りで空間が満たされて、
お客様から大きな安堵のため息が漏れました。

後で感想を聞くと、(この方はエネルギーワークもご自身でされている方でしたが)眉の間から手先まで一瞬で緩んだ!と言って下さいました。

植物さんの力は本当に素晴らしいですね。ハーブボールの大ファンになりました。

10月後半〜11月中旬まで1か月間、ロミロミに加えてハーブボールの施術をサービスします。お問い合わせ下さい。

驚きの緩みをどうぞ楽しみにいらして下さい。皆さまのお越しを心からお待ちしています。
[PR]

by usa-kunisachii | 2016-10-11 19:52  

大先輩の言葉

e0231614_6591246.jpg



友達の紹介で私よりも20歳年上の女性がロミロミを受けに来て下さいました。
この笑顔、この暖かさ。
懐かしい人と再会したような気もち。

お話しをすると、
精神世界の大先輩ではないですか。何時間も話すは尽きずお話ししました。
気のてらったことは口にせず、到達点にいらっしゃる。

センパイが仰ったのはこんなような素敵な言葉。

『さっきあまねちゃんが魂の成長の話しをしたけれども、

それは、
自然の中で自然と共にあって、
宇宙と繋がっていて、
(宇宙と繋がるとは、私たちが深い喜びにあふれていること)
それでいて、自分の感情は全て味わっている。
その中で毎日普通の日々の生活を続けていく。
そんなことではないかしら。』

口にはでなかった私がそう生きて行きたいと思っていたことと同じ!

今日のブログは、全部太字にしたい気持ちです。
[PR]

by usa-kunisachii | 2016-10-11 06:59  

ふじばかまの花

e0231614_13272484.jpg

e0231614_13272487.jpg








【楽しんで書いた藤袴物語】

この夏、草むしりをしていた時、私はとっても小さかった貴女に話しかけた。

「失礼ですがお嬢ちゃんは雑草かな?それとも素敵なお花を咲かせる予定?」

そうすると貴女は私を見上げ、
「おばさま、貴女は何をもって雑草と素敵なお花を区別するのか?」
気品を持ってそう答えた。

雑草と雑草ではないもの。
同じ命をどうして私は分けるのか。
このことについては、自然農を知ったときから、もう何年も考えてきた。
そして、個人的レベルで「自分が管轄する場所の雑草とりは必須」と答えを出していた。

私は貴女を残した。
貴女はどんどん大きくなって、毎日成長する様はとても愛しい。
同期生の朝顔は夏の間に花を咲かせて既に種をつけている。
だけど貴女は黙って成長を続けていた。

あれ。やっぱり雑草だったかな?
そう思うことも度々もあったけど、期待というギフトをくれる貴女への愛情は日に日に増した。
親の愛情てそんなものなのかも、、ふふふ。
ちょっと嬉しくなったりした。

秋が深まってきたある日、貴女の先端に小さなピンクの蕾の無数の塊がついたのを見た。
貴女はだあれ?
知らない花だった。

そう思った次の日、
近所の100円温泉のペットボトルに活けられた貴女の姉妹を見た。

この花は、、、!?
後ろから「ふじばかまよ」
とおばさんの声がした。

ふじばかま、
ふじばかま、

帰って調べたら貴女は、
秋の七草の1つで、
花言葉は「優しい思い出」。

花のことなど全く知らないパートナーに「藤袴」て知ってる?と聞くと、あゝ知ってるよという意外な返事。

「アサギマダラ(何千キロも旅をする珍しい蝶々)は藤袴の蜜を吸いに来るんだよね〜〜っ」て。

そういえば、突然に思い出した!
ガーデニングが大好きな大家さんと昨秋そんな話しをした。
アサギマダラと藤袴の話。

ふじばかま。
貴女は今年うちに飛んできてくれたんだね。

蝶々のアサギマダラさん、
遊びに来てくれるかな?

一緒に待ってようね。





iPhoneから送信
[PR]

by usa-kunisachii | 2016-10-10 13:27