<   2013年 02月 ( 14 )   > この月の画像一覧

 

壁塗り

e0231614_12285621.jpg

e0231614_12285680.jpg

e0231614_12285663.jpg

e0231614_12285644.jpg

e0231614_12285620.jpg

別府の家の2階は2部屋あって、ひとつはヒーリングルーム、ひとつはマッサージルーム兼宿泊部屋にする予定。

さて壁塗りです!
さあ〜、何色でもいいよ!と言われると、とたんに臆病になる。え〜、どうしようか。紫系もいいし黄色系もよい。

暖色寒色、虹色、グラデーション、絵を描いても、何してもいいなら、あなたなら何色にする?

私たち、各部屋は自己責任で塗るということで、別行動に入りました。

ペンキは翔くんが大量に作ったオフホワイトに色を入れて調合していきます。

隣りの部屋から、
「わ〜!いいっ!この色、最高!!ヤバいなあ〜、ウハハハハ!最高だあ〜!」
という嬉しそうな龍さんの声が聞こえてくる。
彼は黄色の強い土壁色を作りあげた。

私は先に天井や廊下の壁をオフホワイトに塗って行くことにした。

自由に苦しみはじめた私と自由を謳歌する龍さん。
差がハッキリ現れてムムム〜、悔しい〜っ。

龍さんの色の調合の仕方を聞いた。

バケツに色を加えながら、それを見て呼吸して、自分が元気になる色にしていく、もう少し赤を加えてみよう、その方が深い呼吸になる。そんな風だそう。

感じること。頭ではなくて、ただ呼吸をしながら身体の筋肉や息の通りを注意深く観察する。

そ、そうか。そうだよね。

着ていて気持ちいい服。
口にして、身体が喜ぶもの。
隣にいて呼吸が深くできる友達。
ハートが喜ぶモノたち。

自分が元気になりたいのか、自分がリラックスしたいのか、目的は違ったとしても、

観じてみること。大事ですね。

誰かにオーリングテスト(指で輪を作ってその強さでモノやヒトとの相性を見ていくテスト)をやって貰わなくても、自分の身体や呼吸や気持ちを感じて見ればすむ話。

だから、瞑想が大事なんスね。。。

土曜日、私はたったひとり別府の家に入りました。今日はお茶道の気持ちです。神聖な気持ちです。

ペンキに向かって、色を調合して自分が緩みながらも気品を保てる色にしました。

それは、ラベンダー色でした。

見に来てね。
[PR]

by usa-kunisachii | 2013-02-26 12:28  

身体と心

e0231614_1202590.jpg

e0231614_1202587.jpg

国東〜別府の車の往復と毎日の作業で身体がクタクタになってきたー!

行き道の、感謝に満たされながら、歌を歌いながら国東半島を走る私と、帰り道、疲労感で目をこらしながら限界に近い状態で家路に着くときの私はまるで別人です。

今は、何かを決定しないようにしている。

ゲイ・ヘンドリックスさんの本、コンシャス・リビングという本にこんなエピソードがあったのでシェアします。

ゲイさんが山に自転車で登った時のこと。
麓に位置している同僚の家の横を通りすぎたとき、ゲイさんは彼の幸せを心から祈ったそうです。その彼が新しい奥さんを迎えたこと。最近、彼の本が発表されたこと。彼との友情に感謝して、横を通り過ぎたそうです。

今度は山から下りるとき、予想以上にハードなサイクリングに心身共に疲れていたゲイさんは、同じ彼の家の前を再び通り過ぎるときには全く違うことを考えていたというのです。
再婚した奥さんは、彼の仕事に理解がないのではないか。彼は、最近私の論文に否定的なことを言った。彼とはいつも気が合わない。などなど。

そのエピソードを読んで、深いなあ!と思ったよ。

マインドは、自分ではないということだよね?
いやいや、もちろん自分なのだけど(難しい(笑))
わきあがる気持ちが、その時の身体だったり状況によって違うのだから、心って一体何なのだろうね。

身体と心。
このコピーが出回ってから実は10数年しかたってないよ。

いまは身体と心が繋がってるって?当たり前だよ!と、スルーしそうな言葉だけど、本当はもっと深いヒントがある気がしたの。

般若心経に通じる入口のような!?

頭がグチャグチャ考えだしたら、身体が疲れているサインかも。休もう!
休むのは最大の浄化。

身体は愛しい、ですね。
いつも私のために働いてくれて、有り難うね。
何か焦ってしまって、こき使って御免よ。許してね。

愛してるよ。
[PR]

by usa-kunisachii | 2013-02-24 12:00  

英語クラス終了〜!

e0231614_12123282.jpg

e0231614_12123270.jpg

毎週水曜日に通った、英語クラスが終了〜!

生徒10人の都甲中学一年生。
思い返せば最初はABCの歌からだったよね。

楽しく教えるにはかなりの英語力が必要。私は役不足だった。

でもね、やりたかった事は全部やってみたよ。
私ならこんな授業を受けたかった。ということ。

☆リアル外国人をゲストに呼ぶ。(グアムのジム&千佳)
☆ハワイの友達(Silverman恵子さん)からエアメールを貰い、返信を書く。
☆イマジンを歌う(しん君のギター&生歌)。
☆ 外国人たちからのビデオレターを見てヒアリング能力を高める。

少しでも、英語が自分の世界を広げるツールだということが伝わったなら嬉しいな。

都甲中学はこの4月から小学校と合併して戴星学園(たいせい)になるそうだ。
小1から小4。小5から中1。中2と3。という3つのグレードに分けられた新しい形の学校になる。

身体の成長、脳の成長から考えたら〜成る程、いい分け方のような気もする。

戴星学園に幸あれ!

最後に、10人ひとりひとりに手紙を書いて渡した。
子供たちも今日は何やら可愛いらしく、先生、先生と声をかけてくる。
あ〜、一年間有り難う。

紹介してくれた、富貴寺のゆっこりん、有り難う!
本当にいい経験だった。

分かったことは、子供は子供じゃい。やり方の分からない大人。先生は聖職です。
[PR]

by usa-kunisachii | 2013-02-22 12:12  

☆さち合格☆

e0231614_23421487.jpg

ドキドキして待っていた今日!

昼前11時になって待ち切れず、こっそり兄にメールしてしまいました。
さちの受験発表は今日だったよね?と。
普段ほったらかしの携帯も今日はそわそわと持ち歩く。

そして午後。
兄から、今発表、やりました!またあとで。という震える文字がー!
(って携帯メールだけどね、確かに震えてた!)
きゃー、おめでと〜う!さち君、この二年間頑張りましたね〜。予備校に行かせてくれたパパママにも感謝だね〜!

第一志望の多摩美プロダクトデザイン科。

さちからも報告のメールが来て電話してみたら、やはり(笑)泣いてる声。ああ〜本当に可愛いよ、愛しいなあ。。。私ももらい泣きする。

喜び抑えきれず徳島のクールなおばあちゃん(私の母だが)に電話。今日は全然クールじゃなかったよ!喜びを分かち合う。

ちびまる子じゃないけど、今日は小亀家全員ハッピーで一致団結!

さち、ご先祖さまも喜んでるよ。有り難うね。

今日からいっぱい夢膨らませて〜はじけちゃってね〜♪
[PR]

by usa-kunisachii | 2013-02-20 23:42  

勿体ないは愛じゃない。

e0231614_13232157.jpg

友達がシェアしてくれた言葉、勿体ないは愛じゃない。

む〜ん、成る程。言い得て妙。

高級でも安くても、大事にされてるものには愛が宿っている。

渋谷のコジコジというお店で働いていたとき、物について考えてた。
だんだんと自分の興味が見えるモノから見えないモノへと移って行ったとき、
販売員は限界かなあ〜と思いながら、一体モノって何だろうって考えた。
何もないシンプルな生活がいいんじゃないかって考えていた頃だ。

だけど、やっぱりそんなの無理。

大事にしているモノには愛があるからだ。
愛に囲まれて暮らすって、素敵。
生き物ではないペットのようなもの。

大事にしているモノには背景がある。イイ思い出や、買ったときのイイ感じ。

お店をイイ感じにしたり、販売員がイイ感じをキープしていることはすっごく大事だと思ってた。
そこで売買されたモノはきっとイイ感じ。
里子に出た商品たちが大切にされるといいな〜と思っていた。

コジコジを辞めるまでの2〜3年間は、イイ感じをキープするという修業だったように思う。
実際、イイ感じでいると売上げもイイ!のです。

先に売上げがあるのではなくて、何にもないとこからイイ感じを発生する。

キーワードは、感謝。ではないかな。

呟きシローでした。

写真は、大工の翔くんに大事にされた軍手たち。洗濯されストーブの上に並んでいました。
きっとこの仕事が終わったらバイバイだけど、家が出来上がるまで頑張ってね。
[PR]

by usa-kunisachii | 2013-02-20 13:23  

修正鬼会(おにえ)旧暦七日

e0231614_12242315.jpg

e0231614_12242362.jpg

e0231614_12242395.jpg

国東半島イチ押しのお祭り。
今日を楽しみに待っていた!

修正鬼会は、ドンダケーッ(死語?)てド派手な火祭りです。
(しかも夕方から深夜までと、かなり長い)

クライマックスは赤鬼、黒鬼が登場して火のついた棒で私たちのお尻を叩いて回る。
国東では鬼は姿を変えた仏さまと言われていて、この鬼たちからお尻を叩かれると一年間無病息災だという。

若いお坊さんたちと、このお祭りを何十年も続けてきたであろうマスターヨーダのようなお坊さんたちが、後世へと伝統を繋いでいるのを感じて、じーんとする。

鬼会は毎年、旧暦七日に行われて今年は週末だったので人もすごかった。
国東半島がブームになりつつあるのかプロと思われるカメラマンたちが前を陣取っている。

マスターヨーダが叫んだ。
「前の人はしゃがめーっ。後ろん人は見えんち、正直に言うてええんじゃーっ。
まだしゃがまんかー!!しゃがまんと棒で叩くぞーっ」

と、人間味あふれる会話も面白い。

また来年も来るよ〜!

初めて鬼会を楽しんだ真理子ちゃん夫妻と翌日夷谷で火祭りごっこ。
[PR]

by usa-kunisachii | 2013-02-19 12:24  

別府の家、工事中!

e0231614_1625522.jpg

e0231614_16255286.jpg

e0231614_16255245.jpg

e0231614_16255220.jpg

別府通いが続いてます。

だいぶ工事が進んできて、この家の歴史が一度閉じて、また新しい命が吹き返すよう。

この不思議なご縁を大切にしていきたい。

何やってもいいよ、と言われて本当に自由にしていたら、大家さんの気持ちを傷つけてしまったワンシーンもありました。

大家さんの古いものを大事にする気持ち、まだ使えるものを再利用して欲しいという気持ち。
良くわかります。
新しくはじめたい私。

その溝は、丁寧にコミュニケーションで埋めていきます。
メールもするし、会って話しもする。

大工の翔くんも一緒に心を砕いてくれて、ここで場がより良く積み上げられている、と信じてます。

日々ホオポノポノ。素直にごめんなさい。愛してます。
有り難うございます。

それからハキハキした態度と笑顔も大事。

心からの言葉は、時間が経つとともに消化され、発酵され、双方折り合いのついた形へと変化してゆきます。

そんな家の方が愛しいね。

ところで私もついに軽トラデビュー!!

いざ山越えしてゴミ処理場へ!

バンダナにマスクに軍手で軽トラの自分を客観的に見てたら、山越えしながら急に笑いが込み上げてきて、大笑いしました。

国東から別府への片道90分は、長い道のり。

だけど道中は格別美しく、遠く由布岳が見えたり、温泉の湯気が立ち上る別府湾が見えてくると、毎度ウワア〜って感動せずにはいられません。

帰りは温泉に入って埃を落とし、温泉卵を作ってケロポンズ聞きながら。。
[PR]

by usa-kunisachii | 2013-02-16 16:25  

GO!GO!暠味噌作り

e0231614_20474453.jpg

e0231614_20474437.jpg

e0231614_20474424.jpg

e0231614_2047445.jpg

味噌作り。

今年は暖かい。
昨年の2月初めは大雪だったのに。梅が咲き始めた。

味噌作りは寒いうちにして暖かくなるにつれ徐々に発酵していくのが良し。

作り方はマルカワ味噌というサイトが丁寧だったので、そこのレシピにしました。

味噌6キロの材料は
大豆1、3キロ
麹2キロ
塩800グラム

この三倍の量を一気に仕込む。

書き物をしながら、押し入れの片付けをしながら、龍さんのバースデーケーキを焼きながら。
と、味噌作りは簡単なようでいて時間もエネルギーも使うのでそんなナガラ作業ではいけなかったかも。
(クタクタになりながら波動を落とすと酵母菌に影響してしまうので、最後まで歌いながら笑いながら作ったよ)

龍さんは55歳。来年2013年2月7日と書かれた味噌は一体どんな味に熟成しているだろう?

かよちゃんがチョコレートケーキを焼いて持って来てくれた。私はココナッツのパウンドケーキ。椿の花添え。
[PR]

by usa-kunisachii | 2013-02-14 20:47  

麹屋さん(こうじ)

e0231614_12193565.jpg

e0231614_12193556.jpg

e0231614_12193539.jpg

e0231614_12193514.jpg

e0231614_12193590.jpg

昨年の味噌が、手前味噌ながら上出来だったので気を良くして、今年は麹を13キロも頼んでしまいました。

近所の麹屋さん。
都会から帰ってきた娘さんが後継ぎしていて、気が合うので用事がなくてもつい通ってしまいたくなる場所。

今日は麹になる過程を拝見。
蒸した米(または麦)に麹菌をまぶして、木箱に入れて温室で中四日間ですって。

この温室の波動のよいことよ。なんとも言えない優しい空間で幸せになったあ。
出来上がった米麹や麦麹は、冷凍して売っています。

私はうちから持ち込みした米の出来立て麹を入手。

塩を混ぜておき、茹でた大豆を潰し、全部混ぜれば味噌の仕込み完了!(簡単そうだけど一日仕事なり)

半年で食べれるようになるというけど一年後くらいが美味しい。
三年〜五年とっておいた味噌は焼きおにぎりなんか最高!

香々地(かかぢ)の麹屋さん、電話注文できます。
(冷蔵便か冷凍便がオススメ)
能丸(のうまる)さん
0978542755です。
キモリの紹介で〜というと喜んでくれるはず。
[PR]

by usa-kunisachii | 2013-02-07 12:19  

GNHと向上心

e0231614_22175742.jpg

e0231614_22175755.jpg

梅が咲きました!今年は暖かいよ。

週に一度、中学一年生に英語を教えに行く!という市の仕事も残すところ今日を入れてあと三回。

反省すること多い学びの場でした。先生て改めて凄い!聖職ですね。

私が受けもつのは、全校生徒30人足らずという中学校の一年生10人。
一学期は小学生か!?という幼さだったけど三学期に入って急に大人しくなった。
この時期の子供の成長は目を見張るものがあるな〜と内心感嘆していたけど、今日は子供に逆戻りしていて、用意したプリントは完全に無視された。
(私の授業が魅力ないのだ、頭を冷やせ!)

一年の子供たちは本当に仲良し。みな幼稚園、小学校、中学とずっと同じクラスなので兄弟と言っても過言ではないのだ。遊びモードに入ると戻ってこない。。。

それにしても英語に興味が今ひとつないようで残念!
こんなのやってもショウガナイ。という気持ちがありありと伺われる。

私は中学の時、英語楽しかったなあ〜!
決していい成績ではなかったけど、兄の影響かビートルズなんかの歌詞を書き出して辞書を引いてみたり、世界地図を広げては、いつか日本を飛び出してやる!と夢を見ていた。(でも多分これは二年生以降かな〜)

今日校長先生と話をしていたら、最近の日本の若者は不景気でニートが多いが、彼らの幸せ度は70パーセントもあるという。
どんなとき幸せを感じますか?というアンケートでは家族と一緒にご飯を食べているとき。だそうだ。

GNH(国民総幸福度)が高いということは無条件に素晴らしい!と今まで思ってきたけれど、裏返すと向上心がないということでもある。と話されていた。

人生はどの角度から見るか〜だけど、時代はこんな風に波のようになっているのだろう。

高度成長期〜働けば働くほど豊かになる。まだまだ、まだまだ!という欲が日本を成長させた。
経済が破綻している今、足元の幸せが見直されているのだろう。
だけど一体何が幸せか、、。
時に欲も良いような気がする。
[PR]

by usa-kunisachii | 2013-02-06 22:17