<   2012年 12月 ( 12 )   > この月の画像一覧

 

クリスマスお料理教室by Mana

e0231614_10111291.jpg

e0231614_101112100.jpg

e0231614_1011127.jpg

e0231614_10111252.jpg

ヨガの先生でもあるマナちゃんの、お料理教室@百種〜♪

国東界隈(大分各市)から女子集まります。
お料理教室と称してかつて魔女会議をした仲間たちのようでもありました。

2012年、確実に女子力がついてきたなあ〜。

まなちゃんのクリスマスメニューは、
ベジミートローフ。
ヤーコンのトルコサラダ。
かぼちゃニョッキのドロッと蓮根スープ。
豆乳ヨーグルトパフェ。

ほんと美味しかったよ〜!
素敵な女子たちの集まりと惜しみないお料理指導を、まなちゃん有り難うね〜!

夜チラチラと降ってきた雪。

ヒーリングに来てたHちゃんから頂いたオリジナルピアノSongが夜の空間へと溶けて流れだす。
静かな時間。
内から外から癒された一日。

感謝。
[PR]

by usa-kunisachii | 2012-12-25 10:11  

2012 1221 22☆銀河の夜明け

e0231614_12334812.jpg

e0231614_12334827.jpg

e0231614_12334872.jpg

e0231614_12334860.jpg

e0231614_12334899.jpg

銀河幕開けおめでとうございます。

冬至。一年で昼間が一番短い日。
また26000年の周期では、太陽系の昼間も一番短い日。

今日から、地球が半年かけて太陽にまた近づいていくように、太陽系もまた銀河系の中心に13000年かけて近づいてゆくのです。

光の方へ。

ネガティブ寄りの思考が集合意識的に少しずつポジティブになってゆく。
バシャールのその言葉を胸に抱きました。

地球が無くなるXデーだとか世界終末論が騒がれてたけど、そんな馬鹿騒ぎも決して無駄ではなかったよね。

銀河シフトのこの日に間に合わたいと、もがきながらも内面のお掃除をしてきた人たちも私だけじゃないでしょう。

私の大事な気付きは、自分の内なるものが外に投影されている。(今の現実を作っている)信じたくないけど、まさにそんなことになっている。理解しました。

だからいかなる状況でもその中で自分を楽しくさせておく。そのことを許す。
本当に大事なことだと思います。

料理でもいい、運動でもいい、読書でも、何かを学ぶことでも、集まりを企画することでも、掃除をしたり、恋をしたり、動物と心通わせたり、山歩きをしたり、サーフィンしたり、野菜を育てたり、音楽聞いて心のままに踊ったり!マッサージしたり! 美味しいお茶を飲んだり!

どんなに小さなことでもいいの、一日に何度でも自分を楽しくさせてみよう。

愛の反対は不安。
やっと、そのことも理解出来ました。

2012年、冬至。
今日はスペシャルな楽しいこと沢山してみました!
日出から始まって別府、湯布院、安心院。そして国東へ。
ああ、感謝。
[PR]

by usa-kunisachii | 2012-12-22 12:33  

生き返ったメダカとミーミ1ヶ月忌

e0231614_23205633.jpg

e0231614_23205676.jpg

ここ5ヶ月間、星のように現れ去って行ったミーミに魂奪われて、玄関先の二匹のメダカがおざなりになっていた、と白状しましょう。

秋から冬へ。
メダカは活動停止となりごはんもあまり食べません。一週間に一度、ほんの少しだけミジンコ的なエサをあげるのみ。

石臼には水を張り、水草を入れて、二匹は快適そうに人(私のことですが)も羨むほど、それはそれは仲睦まじく暮らしていたのです。

さて、先日前回エサをあげたのはいつだったか?と思いながら石臼を覗くと、一匹しか姿が見当たりません。

心臓の音が跳ね上がりました。

水草の根本を見ると、お腹を上にしたメダカの姿が!!

ああ〜っ!ミーミと一緒にメダカも?逝かないでーっ。と声をあげて、必死でメダカをすくいあげました。
その間に先ほどまで生きていた一匹が、クルとお腹を見せたのです。
私の心臓は二回め、大きく跳ね上がりました。
一匹が亡くなったのを私に知らせて、自ら追死!?!?あーどうしよう、神さま仏さま〜と私は先に死んでいたメダカを手の中に抱きました。
メダカの身体の周りには、たちの悪い細い藻がふわり身体を包んでいて、可愛いそうに可愛いそうにとそれを取り除きました。
あれ?ピクン!と動いたような!?
水に戻したら、ササッと泳ぎはじめたではないですか。
そしてもう一匹も、何ごともなかったかのような顔して一緒に泳いでいるよ〜???

しばらく放心してから、小さな声で聞いてみました。
冬の間、良かったらうちの中に来ない?と。

答えは、イエス!!

それでガラス瓶に入れ変えて、水草と、酸素の石と一緒に窓辺においてます。

相変わらず、仲睦まじいよ。


今日でミーミが天国へ行って一ヶ月。大掃除でミーミの痕跡を発見して、ちょっと泣いたよ〜。
ウソです、告白しましょう。
号泣しました。
ミーミのことを思うと涙のバルブが開くみたい。
龍さんがミーミは三毛猫になって生まれ変わると宣言したけど、今とき、三毛猫てなかなか生まれないよねぇ。
しばらくは、YouTubeでしおちゃんに癒されま〜す。実はしおちゃん以上に飼い主さんが好きになってきた。
[PR]

by usa-kunisachii | 2012-12-17 23:20  

虹の国東源帰(くにさきげんき)大望年会

e0231614_19365578.jpg

e0231614_19365540.jpg

e0231614_19365579.jpg

e0231614_19365514.jpg

e0231614_19365524.jpg

2012 1215 16は国東源帰の望年会。
今年一年の活動報告と来年の夢を、何種類かの鍋をずらっと並べてつつきながら語りあう会。
太田ゆーじプロデュースのイベントは、風変りで面白い!

参加者は70人をゆうに超えて、古民家で寒いはずの百種(ももくさ)も熱気でムンムン。

我が家の虹の旗は大活躍で、とても良い感じで百種の天井に飾られました。

鍋はなんと8種類!お米は両子寺の新米!
石狩鍋、海鮮鍋、キムチ鍋、カレー鍋、水たき、麻婆鍋、豆腐団子鍋などなど。
私の石狩鍋は知らぬまに子供たちのテーブルと化して、はあああ〜っ、壮絶でしたよ。
(食前の大人の演説が長いとじだんだを踏んで泣いた子も)

この大望年会の持ちものは、それぞれが食材の野菜と肉、魚。マイ箸、マイカップ、マイ皿。

の他に、見えない太字で、赤ちゃんもしくは小学生以下の子供たちを一家族最低一人もてきてください。(宮沢賢治風)とありましたから!
さあ、大変。赤ちゃんと子供の数はゆうに30名を超えていたでしょう。

裏山に(台所のことです)自主的にグラスを持って集まってくるオーバーフォーティたちと飲まずにはいられない。(時々、裏山から走り出ては鍋奉行と変身する。忙しい!)

呑んで酔って笑って語って踊って、大人も子供も赤ちゃんも色男も今宵は無礼講!

翌日は晴れ渡る空の下の餅つき大会。
子供たちの喜ぶ姿ったら!
男たちは、餅をつき、女子たちは餅を丸める。
きな粉、しょうゆ、大根卸し、あんこ。つきたての餅があっとゆう間に、子供たち、大人たちの腹に納まってゆきます。
あ〜なんだこれ、村の行事そのままだなあ。なんだか楽しいね!

帰りに、子供たちが呼ぶので行ってみたら、泥と石と葉っぱで作ったご馳走返しでした。

メニューは、ケーキ、おでん、パン、サラダ、だそうです。子供たちの満足げな笑顔はプライスレス!!

おばちゃんは、ジーンときましたよう。

子供たちの未来が、このままの笑顔で輝きますように。

日本の未来を決める大事な選挙の日でもありました。
[PR]

by usa-kunisachii | 2012-12-17 19:36  

愛しの屋山(ややま)

e0231614_1924341.jpg

e0231614_1924325.jpg

e0231614_1924318.jpg

e0231614_19243100.jpg

e0231614_1924313.jpg

こ〜れ〜も、屋山♪
あれも、屋山♪
いつも、屋山♪
きっと、屋山♪
(愛の水中花の節でね♪、ったって最近知らない人の方が多いよなあ〜、若かりし頃の松坂慶子のヒット曲ですよ)

屋山は国東半島の中でも気になる山、ナンバー1。

ピラミッドのように尖ってみたり、未知との遭遇的な山だったり、別府方向からみた屋山もまた素敵なのです。
この大好きな山たちが実は同一人物と知った時、驚愕しました。
電車通学中、ちょっといいな〜と思ってたクールなあの人と、サマーキャンプで知り合った三枚目のあの人がが同一人物だったなんて!!そんな衝撃で、屋山に胸をわしづかみされた気持ちでした。
なんと魅力的な山なの。

さて、赤ちゃん抱っこ写真は、天然酵母パンやーやまや、しんくんと乙女ちゃんの2子、森人です。
しんくん家族は屋山の前に住んでいて、屋号をやーやまやにしたそう。

私の大好きな屋山はしんくんファミリーも含まれた、お山なのです。

さて、やーやまやさんは野菜の宅配も始めました。お店紹介は紙面を別に、また改めて〜!
お楽しみに!
[PR]

by usa-kunisachii | 2012-12-17 19:24  

インターネット開通@夫婦とは

e0231614_136585.jpg

e0231614_1365851.jpg

e0231614_1365897.jpg

ああ!こんな日が来るなんて。
ついに我が家にワイハイが開通致しました。

移住前に、心配して東京で契約してしまったEモバイル!(心配の先周りはいかんね)二年間の契約期間を全うして、ついに我が家にも光ネット導入です。
夷谷に光が来ている!って移住前にどうやって知ることが出来たでしょうか。(市役所に問い合わせすれば一発だったね!!涙)

背中合わせに龍さんと無言にパソコンに向かう。
ストーブの上ではヤカンがシューシューと音をたて、暖炉ではパチパチと薪が燃えている。

むむむ!
これ、いーではありませんか。
会話なくても、いいではありませんか。

一旦全ての望みが消えたように思い、シンプルな望みが残されたとき、核となるのはカップルの相互依存ではなくて、ホールネスを自分の心の中に見つけることだと知りました。

だけどそれでもカップルでいたいという思いは、DNAの名残りなのか!?と疑ってさえしまうけれど、それでいいではありませんか。

開通したネットで今までEモバイルでは見られなかったYouTubeを飽くまで見てます。

しゃべる黒猫しおちゃん映像。
(しおちゃんはミーミに似てるの)
それから、何故か画面に上がってきたバシャールの講話映像。

今読んでる本の作家、ゲイ・ヘンドリックス氏のインタビュー。

もう、くにさちはワイハイカフェですよ。
ぜひいらして〜!
、、、て、普通皆さまこんな生活よね?
皆さまへ、失うって貴重な体験よ。感謝が増すよ!一度はぜひ田舎暮らしを!

あー、ありがたい、ありがたい。

可愛いからオマケ写真。
ちーちゃん、うみ君、わほちゃん。三家族合同鍋の夜に。
[PR]

by usa-kunisachii | 2012-12-14 13:06  

2012 冬至へ向けてのメッセージ

e0231614_16502069.jpg

e0231614_16502180.jpg

龍さんのメッセージです。
(2012年12月10日)
みなさま、
2012年の 12月21日のマヤのロングカウントの終焉に向かっている今を、如何お過ごしでしょうか?
今日から光の12日間が始まっていますね☆
26000年のサイクルの幕が閉じる☆
それまでの最後にある光の12日間が始まる☆それが今日10日ですね☆
マヤの長老たちが言っているように、これは世界の終わりでは無く☆古い世界の終焉です◎◇●
私のビジョンでは、
その後には全く新しいステージが始まる
でしょう!
その日12月21日冬至に、私たちの太陽系は銀河の中心核フナブクから最も遠い位置に至るのです。
つまり、
☆次の瞬間から今度は反対に、銀河の中心核へと近づいて行く旅に入ります。

闇のピークから反転して源への、光への道が開かれて行くのです☆
私たちは今、素晴らしいことに立ち会えているのです◎

▼これまで私たち人類に続いて来た、問題の解決をすれば何かが変わる!だから意識を問題に向け続けることが大切なのだ!という世界観や、考え方や、人生観が、終わりを告げて行く時なのだと捉えています。
何故なら、その見方のおかげで、人々の意識は未来に向かおうとする時にさえ、過去の失敗を思い出し、もう二度と嫌な思い辛い思いをしないように、と
恐れと不安のイメージを持ってそれに備えた、未来の行動を図りながら、
その可能性を小さく 限定して生きて来た時代。
豊かな未来をイメージをするよりは、安全で安心な未来の為に今を我慢して、危ない事がないように、思いや他人の目や世間の枠をはみ出さないようにと、保険を掛けている生き方。希望の未来への冒険よりは、抑制と結果の判っていることの安全を求めての、未来設定をして生きて来た、
だから、あまりにも代わり映えのしない世界を生きて来たわけですが、沢山の学びも失敗から得て来ておりますよね!

☆だから、今私たちは 「もう十分だ!と不幸な世界はもう要らない!」と宣言して 新たな希望の未来に向かって歩み出す時が来たのです◎
もう一度世界を信頼して、自分自身を一番愛する者として
希望の未来をへの夢を実現するべく、
過去の憤りや理不尽な思いや怒り、悲しみ、虚しい気持ちを
全部きれいにお掃除してしまうこと!
そして明るい心で幸せな未来へ向かって歩み出すことが出来るように。
この12日間を活かして参りましょう☆

やっとその時が来たのです
全てはこの日この時の為にありました!
今こそ私たちの本心が望むことを得たいのだ!と真底正直に成ることが最善の未来を生きる為に最高の準備だということ
をお伝えしておきますね☆

あなたがどこかで夢見て来た、
「もし魔法使いが現れて、あなたの願いを叶えてやろう!」と言われた時に即座に答えられるように
心の準備をしておきましょうね!☆!

パンドラの箱はあなた自身なのかも知れませんからね☆

あなたに愛と尊敬と 光を贈ります。

龍彦
[PR]

by usa-kunisachii | 2012-12-12 16:50  

割れ岩さまのしめ繩作り

e0231614_20595239.jpg

e0231614_20595233.jpg

e0231614_20595279.jpg

e0231614_2059527.jpg

e0231614_20595249.jpg

西夷(にしえびす)地区にも一年の終わりがやって来ました。
古いしめ繩が外されます。

しめ繩作り、朝の0830にスタートです。
0830って言ったら0750に集合開始、0800には全員集合ですよ!この村の暗黙の掟も、夫婦で今年はなんなくクリア!

私の緊張感も昨年と違う。ほぼ顔みしりとなった地区の人たち。

さて、西夷の皆さまのチームワーク素晴らしいです。
誰も仕切る人がいません。なんとなくのムードで事が流れるように進んでゆきます。
長年で慣れた作業かっていうと意外とそうでもなく、こんな会話も面白い。
一年に一度じゃつまらんなあ〜(ダメだなあ)、縄は右巻き?あれ左巻きやった?神さまやけん、左やろ。上から見たら右巻きやけど、下から見たら左巻きやのう?
ちょっと右に曲がっとるんやないか?力入れすぎやろ。

摘要されない意見はただ空中に粉雪と共に舞うのみ。

そう、今日は朝から粉雪で足をバタバタさせないと凍りそうだ。作業は淡々と進み、女子チームの差し入れおやつも挟みます(漬物とあんこ餅。最高!)

縄を三つ編んで一つにネジりあげたものを、やはり誰の号令もなく肩に担いで割れ岩さまへと向かって行く様子は、まるで龍神さまのよう。

竹に添わせて縄をあげてお飾りをつける。
1200の鐘と同時に終了〜!

そのタイミングに思わず歓声をあげ拍手〜!あっ、しまった、私のみ(笑)

そして拝む人、龍さんのみ(笑)

でもみんな、口くちに新しいのはエエナア!と嬉しさは隠せません。

そして誰が号令かけるともなく、またもや凄いチームワークでさっさと片付けて、区民会館前の角松作りに素早く下山して行ったのでした。

私は午前中のみの参加。仕事もせないかんけんね!
あ〜楽しかった。
[PR]

by usa-kunisachii | 2012-12-09 20:59  

SOUP二種

e0231614_12135785.jpg

e0231614_12135788.jpg

☆ほうれん草と白菜のグリーンスープ。
ゆで卵を真ん中に、は大好きなおばあちゃんの十八番(おはこ)。

☆安曇野の理恵子が送ってくれた赤カブのスープ。
玉ねぎのバター炒めがブイヨン代わり、牛乳と一緒にミキサーで。ピンクが身体に優しい。

ところでこのお皿、好みというわけではなかったけど、グリーンツーリズム用のカレー皿としてOutletで五枚250円で購入。

それが、形よし、洗いやすし。で、小鹿田焼き、読谷焼きの皿を尻目において最近よく食卓にのぼります。

恐るべし、大量生産よ。
計算しつくされた美学なり。
[PR]

by usa-kunisachii | 2012-12-08 12:13  

夷谷(えびすだに)でコミットメント。

e0231614_9593387.jpg

e0231614_9593353.jpg

e0231614_9593392.jpg

e0231614_9593367.jpg

e0231614_9593495.jpg

まことに寒いです、夷谷。
台所にストーブをおいてからは、台所が私の住家となりました。
仏間(居間)は、龍父にお線香をあげに行く時のみの、何故か忍び足侵入。

この乾燥の冬に、洗濯物が乾かないのは何故なのか?空気に突っ込み入れながら待つこと三日間くらいで、微妙な仕上がり加減の冷たい衣服たち。

山のひとりは堪えます。
保存食を作ることさえ阿保らしくなります。

龍さん出稼ぎ中、くにさちに友達を呼んでみたり、グリーンツーリズムを請け負ったり、マッサージしたり、お菓子作りに励んだり、家を綺麗にしたり、イベントに参加したりと出来る限りの活性化を試みてきました。

しかし2012年、年末。
いよいよ、真実が向こうの方から近づいてきました。こだわりが剥ぎ落とされて、望みがシンプルになったのです。

高らかに唄いたい!
一番!暖かな家庭で過ごしたい。おはよう、お休みと言いあえる家。

二番!自分の個性がより沢山の人たちに活かされていると感じたい。

三、四がなくて五番。笑っていたい。

311震災後に、龍さんが福島に訪問した時、ある家族はこう言ったそうです。
私たちは、例え放射能で寿命が短くなると言われても、この土地で家族と共に暮らすことを選びました。と。

そう、意識的な選択はいつも100パーセント自由。
真実は自分の中にしかないもの。
いいとか悪いとかより、自分にとって大事なものは何か?何のために生きているか。

シンプルな答えが出たら、それを得ます!!とコミットメントしてみます!

コミットメントは100パーセント以外は、無効力!ということなので、それは本気にならなくてはいけません。その道中には努力や忍耐も必要。
また人生という船を複数で漕いでいると、それぞれのベーシックな望みを口に出して理解しあうことも必要。
違う思いのすり合わせこそ、人間に与えられた大きな仕事かもしれません。

立ち止まって、真実をみつめる時間、感情を味わってリリースする時間を自分に許すのも大事です。

正直に自分を見つめて真実を語るとき、何も怖いものはない。

そして、それをシリアスにとらえることもない。
太陽と共に日々新しく生まれ変わり、真実さえ変わっていくのが真実だからな。

と、あんた誰?と言うような口調になってしまいました。

さ、ガラス戸の桟(さん)の掃除でもしよっと。
久しぶりに龍さん帰ってくるし、ルンル〜ン♪
今のところ、これが私の真実です。
[PR]

by usa-kunisachii | 2012-12-04 09:59