<   2012年 01月 ( 19 )   > この月の画像一覧

 

国東フォトコンテストに応募

女性限定。
女子ならではの視点の写真と100文字の文。
ということで、さち君は送ったかなー?
去年の5月に国東に来たときの写真を送ってみてね。

一人五枚ということで私の送った写真たち。
力作てわけじゃないけど、とっておきの思い出たちです。
写真の下に書いた文も記録としてのせておきます。

e0231614_20575096.jpg

移住して一年半。はじめて締め縄つくりに参加しました。
今まで自然と手を合わせていた割れ岩でしたが、この地で元気に育った稲が村の人たちの力で再び活かされているのを知って、また違う気持ちで手を合わせています。

e0231614_21031.jpg

移住して一年半。お神楽がこんなに地元に根ざしているなんて!
ご近所さんと息子さんの晴れ姿を見に行きます。
桜咲き、春の風に花びらと、太鼓と笛の音が流れていきました。

e0231614_211124.jpg

中山仙境を主人と二人で散歩。お地蔵様が随所で迎えてくれます。
後光さす仏さまと、お坊さま。同行二人の姿に自分たちを重ねます。ずっと仲良くいようね。

e0231614_211533.jpg

西日本一の真玉海岸の夕日もそっちのけ。子供たちは階段を駆け登る遊びに夢中です。

e0231614_2123062.jpg

国東半島に移住して初めての雪。残された足跡で知りました。
家の前を動物たちが家族連れで散歩していたとは!
鹿・・かな。住ませてもらってます、ありがとう。

写真選びは楽しかった!
いろんなことがあった一年半だったなーって、改めて思う。
写真て単純にいいね。いいカメラが欲しくなっちゃった。


そうそう、国東フォトコンテスト。賞品は、カメラEOS Kissなの!

もしくは一等賞の10万円でお風呂を作りたし!!

ありがとうございます!
ありがとうございます!
ありがとうございます!
[PR]

by usa-kunisachii | 2012-01-30 20:17 | 日々の出来事  

修正鬼会(しゅじょうおにえ)

e0231614_202153.jpg

e0231614_2021525.jpg

e0231614_2021558.jpg

国東半島名物!
修正鬼会。

28日は成仏寺で豪淳さんが鬼。
29日は天念寺で順祐くんが鬼。

見に行かねば!!
と鼻膨らませて楽しみにしていたのに、28日は風邪で沈没。
今日こそは!と温泉で暖まった後、21時過ぎてから龍さん大ちゃんと天念寺へ向かう。

本当は15時からお坊さん達が川に入ってお清めしたりお経をよんだり、れっきとした祈祷、法会なのだが。

夜はエンターテイメント的。
お坊さんの法舞があって、クライマックスは赤鬼、黒鬼が松明持って出てきては大衆のお尻をバンバン叩く、という面白ろ怖いところだけ参加させてもらった。

火の粉が舞うので、ダウンのジャケットとか穴だらけになるのよ。(マジ)
キャーキャー内心叫びながら松明でお尻を叩かれると、一年は無病息災というお約束ごとが。

昨日うっかり風邪ひいたのは、その期限が一日前に切れたのかな(笑)

黒鬼さんが、順祐君。
鬼と言っても、仏様の化身として厄を払い幸運をもたらす鬼。
順祐くん。ああ〜カッコイイ!
(奥さんのゆっこりん現在妊娠五ヶ月も、うっとりして見ている)

順祐くんは一週間玄米のみ。毎日水で清まって、今日は川に入って垢離取りの儀式をした後。
それはビシッ!とするよなあ〜。

日本男子こうあって欲しいなあー!

私もビシッと、そうありたいなあ。

そうそう、この鬼はまるでアフリカのドゴン族のようでした。参考に、ドゴン族の写真も載せてみたよ。
[PR]

by usa-kunisachii | 2012-01-30 20:02  

0128平飼いの鶏

e0231614_18535821.jpg

同じ市内の草地というところで平飼いの鶏卵を扱っている北里さんご夫婦を訪問。

安心院のアキさん団長が誘ってくれて広がる輪。

しかーし、せっかくの訪問なのに、私は急にグッタリ風邪でずっと車で寝ているハメに。。。久しぶりにアキさんに会えたのになあー!

それにしても鶏が元気で大きくて自由に動き回っていることったら!

私が中学生高校生のとき、徳島で両親がチャボを飼ってた。
よく慣れていて、私が葉っぱを摘んで帰るのを知ってか角を曲がると猫みたく迎えてくれたっけ。バタバタバタッと肩にとまりにくる(笑)

チャボって鶏より小さいんだけど卵から孵したチャボとは心通わせてたな。

いろいろ思い出してグッときました。

普段、卵や鶏肉を買うけど一体どんな情況で育ってるかって知らないよね。
きゅうきゅうとした鶏小屋の中で一生を終える鶏も少なくないの。
鶏だって生き物だから、ストレスも大きいらしい。

鷄を早く大きくしたり毎日沢山卵を産めるように、薬を与えたり無理なことするから、卵アレルギーになっちゃうような卵が出来るんだね。

平飼いの卵、大ちゃんが頂いてきました。

目玉焼きにして食べた。
黄身は白め。(最近のオレンジ色なのは着色してることもある!)
白身がプリッとして美味しかったよ〜。
[PR]

by usa-kunisachii | 2012-01-30 18:53  

蕪(かぶ)

e0231614_0583251.jpg

小さな蕪収穫。
カレーに入れて食べたよ、ホクホクで美味しい!

突然ですが!!
アメリカでは、種を採取すると法律違反になるかもしれないの知ってた?
エエーッ!でしょ?

例えばこの蕪はね、収穫しなければ成長を続けて花が咲いて種が出来るの。
その種を採取してまた翌年蒔けば、蕪が出来る。
それじゃ、種屋が儲からないから種採取禁止・・という話なのです。
実際、今売られている種は、一回しか育てられない種だったりするんだよ。

もしかしたら近い将来、農業以外の農が禁止されるかもしれない。
自分のために野菜を作るのは罪になっちゃうかもしれないんだよー。

そんな時代が来ないように、もっともっと意識的に社会に関わらなくちゃね。

おいしい蕪の話が、ちょっと怖い話になっちゃった。
[PR]

by usa-kunisachii | 2012-01-27 00:58 | 料理  

夷耶馬冬景色

e0231614_028287.jpg

e0231614_028226.jpg

e0231614_028268.jpg

雪がどっさり降った後は〜空間が洗われて真っ青な空。
真っ白な曇。

日は一日一日と長くなって、夕方5時だとまだ明るいよ。
日が沈み、雲はオレンジに染まる。一日の終わり。

夜は三日月と金星がならんで光ってた。
空を見上げると数えきれない星が大地と天の間でキラキラしている。

あぁ、冬は美しい!
[PR]

by usa-kunisachii | 2012-01-27 00:28  

わああ〜雪曇が!

e0231614_0973.jpg

e0231614_09788.jpg

急げーっ。

あっと言うまに真っ白になってしまう。夷谷は山の中。
[PR]

by usa-kunisachii | 2012-01-27 00:09  

麹屋さん

e0231614_083719.jpg

e0231614_083787.jpg

e0231614_083728.jpg

さあ、今年も味噌を作るよ!

麹屋さんを年末に地元の町、香々地(かかぢ)で見つけたので麹を20キロ注文に行きました。

米は自分のを持ち込みすると安くあがると教えてくれて、持ち込みに。
(なんだかいいね!)

麹屋さん、看板も出ていない。しかしガラッとドアを開けると別世界!
麹屋さんの中は凄くシステマチック。
洗い場、蒸し場、干し場。

今は味噌シーズンなので大忙し!
持ち込みした米袋が所狭しと並んでいる中、八十代のおばちゃんが二人せわしなく働いていた。
無駄のない動き。一体何年同じ動きをしてきたのだろう。重労働だろうに、動きが軽やかで見惚れてしまった。

私と同年代の娘さんは30年近く外にいらしたそうで、昨年ご実家に帰ってきたそうだ。

持ち込みの米袋の数を見て、味噌を自分で作る人が多いのに驚いたそう。

自分で育てた大豆と米で作る人もいるだろうな。
楽しみだー!

麹、、今最先端の食品だね。

年末作った塩麹はいい具合に出きて、汁ものから炒めものまで何でも使ってるよ。

菌が日本人を助けるね。
菌を上手にとろう。
[PR]

by usa-kunisachii | 2012-01-27 00:08  

0124海と牡蠣

e0231614_239219.jpg

e0231614_2392193.jpg

国東半島の瀬戸内側の海。久しぶりに見てその美しさにしばし見とれる。

夜には太田家でご馳走になった牡蠣。国東は牡蠣も養殖。
大きくてぷりぷり!
太田さんのお母様に焼き方を教わったよ。

海な一日。
[PR]

by usa-kunisachii | 2012-01-26 23:09  

20120122(日曜日)横岳の新年会@うち!!

e0231614_2372816.jpg

e0231614_2372853.jpg

e0231614_2372899.jpg

今日は横岳(よこたけ)の新年会。百手(ももて)と呼ばれる集まり。
昼ご飯を食べながら一年の行事の日程確認をしあいます。

さて、うちと横岳がどこにあるかGoogle宇宙マップで見てみましょう!

宇宙〜天の川銀河〜太陽系〜三番めの星地球〜アジア〜日本〜九州〜大分〜国東半島〜豊後高田市〜夷(えびす)〜西夷〜横岳〜うち。
となっております。

普段、地球レベルの気の合う人たちとばかり遊んでいる私は、たった7軒の村の集まりにすごくキンチョーです。
今年は舞台が我が家!

7軒からひとりずつの計8名。
最高94才、84才、81才、77才、多分50代二人、龍さん、私という順番。

2〜3年前に負担が大きいから皆でお金を出し合ってお弁当をとるということになって料理を作る必要はありません。
私が作ったのは汁ものと、ぜんざい。
(畑で収穫した小豆を煮たよ、それとハルさんの白もち)

龍さんの進行のもと、私はお酒を熱燗にしたり、お茶を出したり、ストーブをつけたり消したり、お皿を引っ込めたり、コーヒー入れたり、失礼がないかと、気をつかって、気をつかって〜(笑)最後にはフラフラに。

たったの2時間半が長かったあー。
写真をとるのさえ忘れて片付いてからパチリ。

夜は恒例太田家で食事会。同じ8人。初めて会った家族がいるというのに緩みましたー。
いつも美味しいご飯とアットホームな雰囲気ありがとうございます。
あっという間に時間が流れ夜中に。。

今日は旧暦大晦日。

時間のマジック見せてもらいました!

横岳、ありがとう。太田家、ありがとう。みんな、ありがとう。
[PR]

by usa-kunisachii | 2012-01-23 23:07  

20120120風力と水力エネルギーの講座

e0231614_16464711.jpg

国東市が催す、雇用活性を目的とした講座。
いろいろ面白ろそうなものが目白押しで、隣の市の私も参加出来て無料です!お得すぎる〜!

今日は、興味があった自然エネルギーの講座に出てみたよ。

原発に意義を唱えても、電気を使わずには暮らせない。
(原発エネルギーは全体の2〜3割シェア)
エネルギーのことを分からないのに、原発反対と言うな!なんなら電気使わずに生活してみろ!

っと誰に言われわけでもないけど、時々自分の中で声がする。

一般家庭で使う電力は2キロから3キロワット。
それをもし、自分たちで作った風力水力で賄えたら!
そんなウッスラいい夢を見ながら講座に参加したのでした。

講師は有限会社ターボブレードの林正基さん。
年頃は50代でしょうか?

熊さんのようなイメージ、分厚い眼鏡の奥には純粋そうな眼。
服は、ロボジーで見たばかりの工場服!
萌え〜っ(死語)

話の5分くらいで、すっかり引き込まれてしまった〜2時間終わった頃には林さん*ラブ!!

いや〜久しぶりにラブ!!
写真一緒にとって貰いたかったな〜。
(いや、全然そんな講座じゃありませんから)

林さんは国家事業にも関わっている第一線の開発者だそう。タービン専門で、個人事業主でありながら、研究も設計も工場で作ることも外商も。そんな人は日本にも林さんしかいないそう。

さてお話しはこれから。
結果、風力は効率が悪いことが分かって残念!

最近山のてっぺんに良くみるあの三枚羽の風車ですよ。
今までこれからのエネルギーの象徴のように見えて頼もしかった。
しかし!
必要な電力を得る為には風車の羽の大きさが必要。だからあんなにデカイんだ〜。
そして風力、毎秒12メートルが必要だそう。
例えば、海風が吹き上げる山の上とか?いつも風が異常に強く吹くところ。
あまり調査せずに作った風車は風力不足で使えないのもあるそうだよ。
風が羽の後ろに逃げてエネルギー効率も悪く、工事費の元がとれないそう。
それに問題点は他にもあって羽が回転する低周波音で住民の具合が悪くなったり、風車の場所が鳥の通り道だったりする弊害もあるそう。

手作りも出来ると作り方を簡単に教えてくれたが、、庭なんて風がないから意味ないらしい。

黒板が林さんの手によって図形と数字で埋められた後は絶望感で閉じる。

気を取り直して!じゃ、水力はどうか?
水力、ダムですね。エネルギーは落差による圧力によって得られるので、ダムのように直角にしたに落ちるような仕組み!
効率はよいが、たった1000キロワットのエネルギーをとるために工事費が100億円。。。

流れからエネルギーをとるのではなくて圧力というところがミソ。なんだか個人レベルではないと頭が判断したのか、林さんをジロジロ見るのに集中された水力の時間。

水と風といえば、今九州大学が博多湾にリング風車を浮かべるプロジェクトを実施中だそう。
将来リング風車をものすごい数博多湾に浮かべると言ってましたね、見てみたいものです。
リング風車、壊れやすいのが難関と林さん。

イギリスでは潮流発電が主流となってきたそう。潮の流れが早いところでタービンを回してエネルギーを得るという仕組み。
フジツボがつくのでメンテナンスが大変と林さん。

実は大分は自然エネルギー自給率が全国No.1!
それは別府に源泉が100度ある温泉が湧き出ているからです!
それて旅館ホテルなど、個人が温泉の余剰なエネルギーを地熱発電という形で使っています。

地熱エネルギーは日本に向いている&しかもこの機械は日本で作られている。

希望が湧いたところで、林さんの発言でまたガクリ。
いい場所は国立公園で法律で掘れないし、温泉街は工事に反対!

では、次。これも地熱発電。
高温岩体発電というもの。これは1000メートル掘ればだいたいどこでも200度の蒸気がでるのでそれを利用する(タービンを回して電子を活性させ電流を生む)
オーストラリアでは実施中だが経費は高いらしい。
掘る機械のヘッドはダイアモンド100万円。それを三日で交換する。。らしい。

ハイ、次!
天然ガス。

日本の太平洋側には天然ガス層があって、これを頂ければ100年間の日本のエネルギーは賄えるそう。名付けて深海ドリーム計画!

そんな一般人は知らないドリカム事業が日本で開発中。林さんは深海の天然ガス層から効率よくガスを引き上げる蛸足のような機械を今制作中とのこと。

私がパウンドケーキを焼いたり、玉ねぎ植えたり、喫茶で友達と笑い転げてるとき、林さんは蛸足機械を作っているのか。。たった2時間だけど、頭がパンパン!

太陽光発電は前回話されたみたい。出席した人に聞いてみたい!

最後に、進行役の松岡さん(ダンディなアーティストさん)曰く、林さんの話は面白いけど最後がなんとなくネガティブで終わる。しかし、そう言われれば言われるほど、燃えますね!!

だって!
素晴らしいですね。感動。

それにしても、たった300年かそこらの間で、石炭、石油、天然ガス、地球の限られたエネルギーを使って、それを奪いあって戦争して、人類は異常に増え続け、、、ハッ!
私もネガティブになってるね!?

イカンイカン。
燃えなくては。
とりあえずは萌えとこう。
[PR]

by usa-kunisachii | 2012-01-22 16:46