<   2011年 02月 ( 10 )   > この月の画像一覧

 

えにし(縁)

えにし(縁)とは、人と人のご縁、つながり、関係のこと。

今日ね、面白いことがあったよ。

武蔵小金井のイトーヨーカ堂の上の飲食コーナーのTableで陰陽について思いをはせていたら、
80歳くらいの年配の女性2人が、キョロキョロと座る場所を探している。

目があったので、同席どうぞ、のサインを送る。
二人とも80歳くらいながら綺麗にお化粧してお帽子かぶって、立派な指輪を何個もつけている。
向かいに座って二人が手づくりのご飯をシェアしているのを面白くこっそり観察していた。

途中、一人が席をはずし、残った女性と話がはじまる。
まったく知らない人と、一体なんで会話がはじまるか?って・・・

具体的には、心を開いて、その人のほうを向くだけ。
むこうも、そんな気持ちでこちらをむいていたら、成立。会話がはじまるの。

その方は、「私は、84歳よ。でも人間年じゃないのよね」とスタートをきった。
「どう生きたかが、その人間なの」と。

自分には子供が二人いて、上は小さいときから活発。弟は小さいときから大人しかった。
弟の方が大学に就学していたとき、突然分裂病になって、それは家族ともに苦労した。というの。

女性の話は続く。私はね、主人にこういい続けてきたの。
わたしたちは自分の時間を思い切り生きましょうと。
だから、私はなんでもやるの。舞妓もやってこの間は、舞台にたったのよ、と。
主人は今94歳だけど、とっても元気。わたしたちは、結局息子に生かされたのね。と。
そしてね、彼の病気はだんだんよくなって、54歳で昨日はじめてスーツを着て就職活動をしたのよ、
とそれは嬉しそうに報告してくれた。

私は、年上の女性の知恵のある言葉を集めて、冊子をつくりたいと常つね思っている。

なんだか、じーんと感動して少し興奮したまま
「私は最近主人について、大分県の山の中での暮らしをはじめたんですよ。」と言った。

その女性は「あら!私は大分出身なのよ、大分の久住よ」と目を丸くして答える。
そして、もし久住に行くことがあったら、私の実家を訪問してね、と◎◎屋と紙に書いてくれた。

そして、別れ際に「えにしね」と言った。

えにし(縁)

話してみたら、つながっている関係が沢山ある。

こんな、一度しか会わない人だって、背後ではつながっているのだ。

今日電車に乗合わす同じ両の人。
喫茶店て背中あわせに座る人。
エレベーターで乗り合わせた人。
いつも行くコンビニやスーパーの店員。
同じダンススクールのメンバーや先生。
クラスメイト。
バイト先の人たち。会社。
おなじマンションに住む人たちだって実は背後ではつながっている。

まして、仲良しの友達。恋人。結婚する人。どんなに縁が深いだろう。

嫌いな人。それも同じくらい縁がある。(これ大事)

縁のある人を丸ごとみとめよう。

縁のある人たちに幸せになってほしいと願おう。

縁のある人たちを愛しく思おう。

あっという間に縁は世界一周をひとつに包むだろう。

えにし(縁)

ありがとう。
[PR]

by usa-kunisachii | 2011-02-26 13:56 | 日々の出来事  

ONENESS  宇宙エネルギーは愛!?

春の生命力あふれるエネルギーを感じながら、歩いていると、
はっと答えが聴こえてきた。
どこから・・・って、どこからかな。やっぱり自分の心の中からかな?
出かける直前に、あ!お財布持ってる?って聞いてくるあの人は、
私の中にいるのか、外にいるのか・・・

とっても大事な気づきだったから、ちょと難しく感じるかもしれないけど書いておくよ。

わたしたちの、まだまだ未知の場所から宇宙エネルギーはやってくる。
どこかに、そんな場所(マヤではHUNABUKU・フナブクと呼ぶ)があるのかな、
宇宙の循環の上に成り立ってるエネルギーなのかな、分からないけど
太陽を越えた存在で、その宇宙エネルギーは存在している。

私たち地球上に暮らすものたちに、そのエネルギーは注がれている。どの瞬間もとだえることなく。
それをHAWAIIではMANA(マナ)という。

MANAは放射状に、そしてらせん状に地球の引力にひきつけられ、天から降り注がれるイメージ。
それはやがて、天と地球でひっぱりあいこされ、MANAの中にもプラスとマイナスが形成される。
磁石のように。
そのプラスとマイナスを陽と陰と呼べるかもしれない。

見えない世界から、見える世界が現象化される。

MANAの陰陽が現象化されたとき、そこにも陰陽ができる。(当たり前に!)
わたしたちが、陰陽と呼んでいるものは、この現象化された陰陽の話。

男と女
光と影
善と悪
動と静
生と死

そこで、男がいいとか、女がいいとか。
善がよくて、悪は退治するとか、言っていてもしょうがない。
すでに現象化され、あるものは、あるのだから。

その奥をみれば、陰陽は宇宙エネルギーにすでにあった。

縦の陰陽。横の陰陽が十字に重なったところに生きているのが、私たち。

そう思うと、2極の中で苦しむことはない。
もともとは、MANA(宇宙エネルギー)ひとつのところから発している。
そのおおもとの場所に意識をあわせれば、すべてのことは愛おしく思えてくる。

宇宙エネルギーって愛なんだな・・・
春は気持ちいいなあ・・・・

ところで、大事な話。

見えない世界がまずあって、それから見える世界に現象化するのは本当だよ。

だから、何を思うかとか、何をイメージするか、とか何を夢みるか!ってとーっても大事。
口にしないからって、油断しちゃダメよ。

神様はお見通し。

こうなりたい!っていう願望を紙に書いて読み上げたり、イキイキと輝く自分をイメージしたり、
きれいな場所をイメージするのを、意識的にやればやるだけ

そのとおりに導かれるよ!

これが宇宙と地球のコラボギフト!

私も今回の気づきが、今まで頭で理解していたことがやっと腑におちたから
本当の意味でのPOSITIVEに
変われそうな気がする。

私を導いてくれている、徳島の父と、パートナーの龍さんに
心からの感謝を伝えます。

愛してる~~~って世界の真ん中で叫べるさち君の存在にありがとう。


そして、みんなみんな
ありがとう。
[PR]

by usa-kunisachii | 2011-02-26 12:50 | 日々の出来事  

満月とヨガ

今日は満月。

昨日に引き続いてパワフルな一日。

満月は、太陽と地球と月が一直線に並んだ日。
引力が頭のほうにひっぱられて、血が頭にのぼります。
かっとしたり、きゃっと騒いだり、感情が普段より豊かになるよ!
落ち込んだり、高揚したり・・満月は面白い。

女の子が生理になりやすいのも、この満月の日。(もしくは、新月のとき)
自分の生理周期がお月さまがどんな形のときに来るかチェックしておくといいね。
生理不順の人なんか、とくに毎日お月さまの形をみるだけで体調が整ってくるんだから。

動物も、植物も、人間も、お月様の形(どこに月がいるか)によって、だいぶん影響を受ける。
生まれる、死ぬ、芽をだす、花開く。
いいバイオリンは、新月の夜に伐採した木を使うんだって、知ってた?

もしかしたら、恋をするとか失恋するとか成功するとか失敗するとか、
結構お月さまの影響受けてそうだよ。面白いもんだね。

東京にいたときは、意識してお月様の形をチェックしてた。
最近の旧暦ブームで月が描かれたカレンダーも多いし。
いつが、満月か新月か知ってたよ。

でも、国東の暮らしは、いつが満月か新月なのか身体で感じることが出来るの。
満月の夜は、自分の影ができるくらい明るいのよ。
近くにいる人の顔は見えるしそぞろ歩きをしたくなるくらい明るい。
お祭りが満月にあるのもよく理解できる!

逆に新月の夜は、一メートル先も見えない真っ暗闇。
本当に真っ暗闇なので、懐中電灯を持って歩くのは普通。

満月があって、欠けてきて、半月へ、三日月になって、なくなって、そしてまた三日月に、半月に、そして満月に。ずっとこれを繰り返しているお月さま。
どの形も愛おしいです。
満月から満月へ。だいたい、29・5日間隔だよ。
 
私は、満月の前の日が好き。輝きが半端ないもんね。
今日は、満月が山の上から昇ってきて本当に感動した。
山の上から赤い月がぽこり、と顔を出したのよ。
まるで太陽が昇るくらい、迫力があったよ。

こんな神秘的な夜、友達のマナちゃんがヨガのワークショップを開催。
その名も満月ヨガ。
これから満月のたびに開催するそう。やったあ!

百種(ももくさ)という古民家を改造したとても素敵なスペースに
集ってきた、国東銀河ファミリー。13名。

満月の瞑想とヨガ。背骨の一本一本と、ひっついた肉を丁寧にはがしていく。
イテテテテ・・・・身体を味わうことの幸せ、
ここにいられることの幸せ。
根ざしてきた、私の国東の生活。

20110218

ありがとう。
[PR]

by usa-kunisachii | 2011-02-18 00:04 | 日々の出来事  

味噌作り

今日は、安心院(あじむ)のあやかちゃん(10月1日生まれの美&才女)と一緒にお味噌を作ったよ。

手前味噌(てまえみそ)という言葉があるくらい、自分で作った味噌は自慢の一品。

田舎に住んでやってみたいな~、と憧れににた気持ちがあるもの私のベスト3
①味噌作り
②梅干作り
③お茶作り

やりたいなーという気持ちがあったから、どれも東京で体験してました。
が!!今回は安心院の大豆&米麹、豊後高田のお塩、まさ身土不二の味噌10キロに挑戦。
我が家の一年分の味噌を確保しよう。という意気込み。
鼻息荒く、樽も重りも買いました。
豆と麹と塩の材料費が3800円くらいかな。樽や重りを買うこと考えたらもしかして、買ったほうが・・・
っと一瞬頭をよぎるけれど、この作ることに喜びを見出す。
このことが、ここの生活ではとても大事。

お米つくりも、野菜つくりも、お家つくりも、生活の一部。
そんな感覚をじわじわ味わっていく、第一歩が味噌つくりなのでした。


安心院まで、車で2時間弱。この距離のを山道ひとりで運転して行き帰るのも今日がはじめて。
今日は地球暦的に海王星と太陽と地球が一直線になっている。
新しいことに挑戦するスタートの日。


(味噌の作り方))
ふやかした大豆を煮る、マッシュする。
これに、塩と米麹を混ぜたのを合わせて、樽につめて、重しをする。
冷暗所で保存して、暖かくなるにつれて醗酵し、夏あたりから使える味噌になります!
あ~~楽しみ!

朝からはりきって出てきたのに味噌作りの間、頭がぼんやりしてきた。
まるで海の中にいるみたい。
なんだか、良く悪しくもすごいエネルギーを感じる。
そして夜に予定外のハプニングもあったり。
夜半、霧の中を運転して山を越える。そんなこんなでかなり自信がついた。
でも、今日は一体なんだろう?

っと、思っていたらどうやら10年来のでっかい太陽フレア爆発があったらしいよ。
コンピューターを狂わすかもしれないくらい大きな爆発。
太陽にくっついて回転している地球に影響がないわけはない。
なるほどーー。

すごい味噌になりそうです。太陽のエネルギーがいっぱい詰まったお味噌。
パワーありそうだあ。
[PR]

by usa-kunisachii | 2011-02-17 18:04 | 日々の出来事  

 神仏習合=陰陽和合 三浦梅園

ここ国東は、六郷満山(ろくごうまんざん)と呼ばれています。

6つの村を中心として、山岳仏教文化が大昔に発達した土地。
太古の昔、神を信じてきた日本に、6~7世紀に仏教が国家の中心思想としてとりいれられたとき、神と仏を和合させた神仏習合文化として、宇佐&国東で花開いたのが六郷満山文化です。

私は、なにか違うもの二つのものを融合する、ということに興味があります!

宇宙(天)と大地
太陽と月
男と女
光と影
火と水
塩と砂糖
善と悪

陰陽の哲学を知ったときは、ずっと捜し求めてきたものはこれだ。と興奮したもんでした。

陰陽(インヤン)はサーフィンの有名なブランドがマークにしているよね。
円の中が勾玉が抱き合ったように黒と白に分けて塗られている。
よく見ると、黒の中には白い丸が。白の中には黒い丸がある。

完璧な陰も、陽も存在しない。

宇宙のはじまりは、ひとつ。
それが陰と陽の極に分かれる。
だけど、陰も陽はひかれあったり、反発しあって互いにたえず影響しあい動き変化するので、
陰の中に陽が生まれ、陽の中に陰も生まれます。
陽があるからこそ、陰が生まれ、同じように陰があるからこそ陽が生まれる。

この陰陽を研究し、哲学し、漢文であらわした奇才が国東に実在していました!
ちなみに彼は、独自の考えとして、陰と陽から’こざとへん’を抜いて表現しています。

その名も三浦梅園 (みうらばいえん)

梅園さんの言葉を抜粋していおきます。
あまりに素晴らしくて、まだ理解不能ですが(笑)
ここに宇宙のエッセンスがちりばめられています!

時間と空間、運動と物体の同時成立

三浦梅園(1723-89)は、なぜと思ったことをとことん考え抜いて、
天地の条理を漢文でしたためた医者であり、哲学者。
また困った人を見捨てず、村の暮らしをささえ、豊後聖人ともよばれました。

天体の条理

天地(宇宙)はひとつの気からできており、
その気は自らを剖(さいて)陰と易の二つに姿をあらわします。
二つは(対)立しつつ合して一気をなしています。
(剖)(一→二)と対(二→一 一)は同時です。(この理解が大事)

剖は経(たて)、対は緯(よこ)の関係で、
剖によって時間が、対によって空間が成立します。
一気が陰昜に(剖析)することによって時間が、
陰と昜が(対待)たいたいすることによって空間が成立するのですが、
それは同時であり、しかも一つの気(一元気)から時間も空間も生まれるとしたのが非凡です。

運動(神)は時間の成立とともに成立します。
個々の物体は空間の成立とともに成立が可能になります。


梅園さんはすべてを幾何学によって説明しています。
そして彼は、宇宙の真理は自然の中にあるといい、
草花のデッサンや動物の解剖をして天地のことを研究しました。
自然の中に見つけられるならば、どこへ行く必要もない。
宇宙は故郷の国東で見つけられる。
と、一生の間に長崎と伊勢参り以外は国東で暮らし貢献した方です。

梅園の里という場所があって、三浦梅園資料館、お宿、ログハウス、両子山の湧き水温泉、天文台があります。(来たくなったでしょ)

ところで、昨夜見た映画(富貴寺からななちゃんが映画もって泊まりにきたよ)
EAT, PRAY,LOVE

インドでバランスを保つことのなかにPeaceを見出した主人公。
バリで新しい恋愛をしてバランスがとれなくなり、その恋愛を終わらそうとする。

そこで、バリの聖者のひとこと
sometimes to lose balance for love
is
a part of living a balanced life

これ、素晴らしいですね。
紙に書いてはっておきます。

宇宙の存在に、そして陰陽の存在に、探求者の存在に感謝して。

ありがとう~~!!
[PR]

by usa-kunisachii | 2011-02-14 23:20 | 日々の出来事  

竹をきる

裏山で竹をきってます。

竹を切る理由は、
① 家のすぐ裏が竹林で日がささない。風通しをよくするため。
② 春からはじまる畑&田んぼの 鹿よけ&猪よけネットをはるための支柱として。
③ 両子寺の植樹のための、印としての竹(150センチ)を2000本集める。
そしてひそかな目的 ④ 家にいてなんだか気持ちが落ちてきたなーと思うと鋸を持って裏山へ。
            かなりな気分転換になる

あるとき、竹を切るのは私の仕事。とわり切った。

そんなのは、男の仕事・・と思っていた自分がいた。
でも裏の竹やぶが気になってしょうがないのも私。ここさえなければ、日が当たるのになあ~って。
そんなとき、パートナーの龍さんに「竹を切って」というのは
!!違うんです!!

なんでもそうだけど、自分の発想は自分でやるしかない。
人を動かそうとすると、うまくいかない。
自分で発想したことは、不言実行。

それでひとり裏山に入って限りなくある竹を一本一本、鋸で切っていきました。
(持ち主に了解を得てね)
竹林っていっても、筍もできないような直径2センチくらいの細い竹林なの。
しかも、上の葉っぱのあたりが蔦でからんでひとつになっている、というややこしい状態。
蔦については、蔦さま、というタイトルでまた次回熱く語りたい!

鋸に慣れていないので四苦八苦。
ガリガリガリ、こっちから。鋸が止まる、進まない、戻らない。
えいっと力ずくで抜いて違う方向から。たったの2センチを切るのが難しいよ。

お正月けいじゅ先生が来たとき「鋸はひくんだよ、力はいらないから」と教えてもらって
初めて知った。鋸は力がいらないんだ・・・・

それで、一本一本切るときに力を抜いてみた。
まず、硬くなっている肩の力を抜く。
そして、息をぼげーっと吐く。
ハートが開くのを感じる。
なんとなく、お腹が温かくなりど~んとする。

鋸をひく。アララってくらい軽く、簡単に切れるんだよね。力はいらない。

これって・・・太極拳でいう、丹田に意識をおいて~力を抜いて~!
ああ、この状態だ・・・・としばらく味わう。この身体の状態を頭で覚えてもらうためには、
お風呂の暖かさを味わうように、じーっと味わうのだ。
この状態って、気持ちがいい!!それにすごく楽。

すごく楽なのに、気がつくとまた再び歯を食いしばってギリギリギリと鋸を動かす自分がいる。
癖だね!
何十年もそうやって生きてきたんだなーーーって思う。

BE HERE NOW
2011年の私のテーマですよ。

この状態をつかみきるまで竹を切るよ~~!!

ありがとう。
[PR]

by usa-kunisachii | 2011-02-13 13:15 | 日々の出来事  

TOTAL HUMAN TUNING

私の知っている人のなかで、一番面白いと思う人

夫である、木盛龍彦のサイト


TOTAL HUMAN TUNING(トータル ヒューマン チューニング)
は、人間をトータルにチューニング するのを目的に運営してます。

人間を、霊、心、肉体からなる、ととらえます。
それをトータルにチューニングしていくのに、

浄霊、カウンセリング、整体、どれも分けることなく全体でセッションを行っています。

ホームページはこちら
http://suntune.exblog.jp/

[PR]

by usa-kunisachii | 2011-02-11 20:49 | 面白い人たち紹介(リンク)  

国東半島、両子寺 植樹イベント 参加者募集中!

国東半島は、九州の大分県にあります。

両子寺の植樹の前に、国東半島がどんなところか
そしてその国東半島で両子寺がどこに位置するか 熱く語りたい!

国東半島、晴れた日には北に山口県が見え、東には愛媛県が見える。
ぽこっと瀬戸内海にせりだしている感じかな。

国東半島は可愛い丸い形をしています。

真ん中に一番高い両子山(ふたごやま)があって、全体はピラミッドみたくなっているの。
両子山を中心に、大きく5本の道が末広がりに伸びています。
山の尾根は28本。
両子山の両子寺(ふたごじ)にむかって神社仏閣がらせん状に点在していて、
まるでエネルギーが竜のごとく上に昇っていくみたいだよ。

国東半島はまるで、5本の腕をもつ天の川銀河系。

さて、Imagin

月は自転しながら、地球の周りを27日かけて周っている。

地球も自転しながら、太陽の周りを365日かけて周っている。
地球は3番目の惑星だけど、太陽系の全体から見るとほとんど太陽の近くに位置するよ。

太陽は、すいきんちかもくどってんかいめいの太陽系ファミリーをひきつれて、
天の川銀河の中で周っている。
ガス体だからわかりにくいけど、もちろん太陽も自転しているんだよ。

ってことは、天の川銀河系も自転しながら何かを中心に周っているんだろうか。
(いるにちがいないね!)

まわって、まわって、まわって、まわる宇宙の中に暮らしているのが私たち。

天の川銀河系は5本の腕があるんだって。
銀河系の中心から5本の腕がのびているそうだよ。
太陽系はそのうちの一本の腕のちょうど真ん中あたりに位置しているんだって。
そして、現在わかっている範囲で宇宙には何兆個もの銀河系があるんだって!

この銀河系には5っていう音が鳴り響いている。
私たちの身体の末端の指は5に割れているでしょ。
頭、2本の腕、2本の足も全部で5だよ。

そういうわけで、中心から5本の道が広がる国東半島は、
かなりクローズインされた天の川銀河系の縮図かな~なんて思っているよ。

この中心の両子寺の敷地に2000本の植樹をするプロジェクトに関わることになったの。全員がボランティアの自由参加のイベント!

龍さんの田舎暮らしの目的のひとつに「日本の山古来の落葉樹や針葉樹を植える」っていうのがあったから、このことに関われるのは至福の喜び。
しかも、両子寺っつったら銀河の中心(center of the galactic!)じゃないか!!と盛り上がるのは宇宙好きの私。

日本の森事情って知ってた?

日本の山に現在たくさん植樹されている、杉。
杉の木は、戦後政府によって植樹を奨励されて(家を建てる建材になるから)
山をもっている人は、森を伐採して杉の木を植樹したの。それはもう大量に。
でも結局海外から木を輸入するほうが安くなったので、
日本で杉は売れなくなって、そのまま放置されてるところも少なくないの。

何が問題かっていうと、杉の花粉症もそうだけど
森に住んでいる動物たちが食べ物がなくなって困っているんだよ。
どんぐり、しいの実、とちの実、自然だった生態系がこわれて、バランスがとれなくなっちゃったんだね。それで、熊、鹿、猪、猿なんかの動物たちは里山にでてきて畑を荒らして、
人間を困らせて、あげく殺されている。人間って勝手だなー。

日本ほど、木を使う国は少ないんだって。
本やノートも木から作られるよね。ティッシュペーパーやトイレットペーパーも木だし。
デパートで買い物したら、紙箱が紙に包まれて、紙袋で手渡されるよね・・。
机や椅子や棚も木。家も木。
それで、木材を安い人件費の他国でどんどん切って輸入していると・・・

他国でもやっぱり生態系が崩れて水害と干ばつとか、とんでもないことが起こっているんだって。

それを聞いたとき、日本人であることが悲しくなった。
日本は豊かな国だけど、他の国が犠牲になっているなんて知らなかったから。

戦後から66年たったわけだけど、日本の森を見直す動きがでてきました。
あちこちで有志たちが「木を植えよう」って活動をはじめたの。

両子寺の植樹は、1000年続く鎮守の森の復活するものです!
しい、たぶ、かし、山もみじ、山さくら、けやき、きはだ、こなら、やしゃぶし、おにぐるみ、みずなら、かつら、えのき、しゃら、いちょう など2000本が植えられます。

木の名前が全部覚えられたら、かっこいいね!
せっかく自然の中に暮らしているから、木の名前を覚えていくつもり。
実はお気に入りの木がすでにあるよ。

お気に入りの木を一本決めて、お友達になるのをオススメします。


3月26日(土曜日)27日(日曜日)
国東半島 両子寺にて。
参加者大募集中です!



e0231614_18554086.jpg
[PR]

by usa-kunisachii | 2011-02-11 19:59 | 国東源帰(くにさきげんき)  

身土不二

身土不二(しんどふじ)って言葉。

もともとは、仏教用語らしい。
身土不二は、食べ物や健康に関する言葉で使われていて、
「地元の旬の食品や伝統食が身体に良い。」という意味。

e0231730_179258.jpg



ここ、国東での生活はまさに身土不二。
国東でとれたお米と野菜、近海でとれた魚を食べて生かされています。

何故か私は昔から海外や宇宙に目が向いていて、海外文化が憧れで、洋楽を聴いて、
エスニック料理も大好きで、ハワイに住みたくて、
それがかっこいい!と思っていたんだよね。
それが近年、心から「日本てかっこいい」になってきました。

それは、あちこち自分の足で旅して自分の目で見ることができたからこそ、
そう思えたんだけどね。
自分が何をいいと思うか、あちこち&あれこれ試してみられるのは幸せなことだよ。
まずは、そんな時代とそんな環境に生まれてきたことに感謝。

Let's Image

生きている時間が2011年ー空間は日本とします。

まず、時間軸を変えてみる。
時間は100年前(1911年)ー 空間は日本。
そのころまず女は旅は出来なかったよ。それに、戦争が絶えない緊迫した状況だったね。

今度は、空間を変えてみる。
時間は2011年ー空間は・・・例えばイラク。宗教や戦争であちこち&あれこれ試す自由がないと思う。そう思うと、なんて恵まれた「時間と空間」に生まれてこれたんだろう。
今と日本の組み合わせ。

「時間と空間」
それは私の今年のテーマ「今、ここ」でもあるし「身土不二」でもあるな~って。

話をもどして「身土不二」(地元の旬の食品や伝統食が身体に良い)のはなんでかって?

それはわたしたち人間もその土地の野菜みたいなものだから、と思う。
想像すると、おかしいね。
私たちはジャガイモや人参。芽がでて枯れるまで約100年の野菜。

日本ていう土壌に育っている私たちを成長させてくれるのに丁度適しているのが、
日本で育つ穀物、野菜や果物。
日本にいる動物や、日本の川魚、近い海にいる魚。海草。
日本独特の醗酵文化(味噌や納豆、梅干、漬物)

そんな「旬」の食品は、
冬は身体があったまって、
春には冬にたまった毒素を出して、
夏は涼しく、
秋は冬にむけて体力つけて・・・

もっと村のお母さんたちに教わって、
日本の知恵が沢山つまったお料理上手になりたいな



さて、国東ではそれが簡単。
無理なくそんな生活が出来るのは、ここ国東、夷(えびす)が田舎だからです!
近くにスーパーがないから、ちょっとした野菜は畑で育てます。
(まだまだ近隣の方の素晴らしく育った野菜を頂いてばかりだけど)
一番近くのスーパーは、山を下った海辺にあるの。
その名も香々地(かかぢ)スーパー。小さな店だけど、いい感じよ。
地元で作った野菜と地元でとれた魚とお肉が安く売ってます。

香々地スーパーでも一応野菜は何でも売っているの。
例えば、トマトもきゅうりもナスもレタスもかぼちゃも。だけどその野菜は夏に育つもの。
この季節うちの畑にもないし、近所の畑にもないものは、あまり買わないようにします。

今、あるのはね、大根、白菜、人参、ブロッコリー、葱、ほうれん草、ごぼう、里芋、生姜。
なんだか土の中にあるものが多いね。
そう、土の中で育つものは身体を温めるよ。
魚も「旬」の魚を知っておくとかっこいい!

スーパーで野菜や肉や魚や、いろんなものがどこで採れて、どこで作られたものか表示を見てみると面白いよ。
値段でみると、季節はずれのものは海外から輸入したものの方が安かったりするけど、
「旬」のものを選ぶと、だんぜん地元のものが安い。
自分の住んでいる場所からなるべく近いものを選ぶのが、身土不二。

身土不二のものを食べたり飲んだりしていると、
心と身体に一本の筋が入ったように感じます。
わかりやすく言うと、あんまり悩まなくなるかな。

身体も、心も美人を目指したいね。

ありがとう~!
[PR]

by usa-kunisachii | 2011-02-09 17:23 | 料理  

Heaven's Gate から一年

2011.2.7 Heaven's Gate から一年.今日は龍さんの誕生日。53年前の今日生まれてきてくれたことに感謝します!
藤沢のおかあさん、龍さんを産んでくれてありがとう!
そして、みんなに出会えて~ありがとう~!愛してるよ~!

なんだか、朝から感謝と愛で満たされた一日のはじまり。

なんたって、国東の寒い冬に、待ち望んでいた春がキタ~~ッ!
玄関への小道の脇で蕾を膨らませていた水仙が、ついに一輪咲いたの。
かがんで香りを吸い込んでみると、あの水仙の甘く強い白い香り。
この辺りでは「はなたれ水仙」とよばれてるそう。

一年前の今日を懐かしく思い出す。
東京の初台DOORSで、HEAVEN'S GATE というイベントを開催した。
「一人ひとりが、今、ここにHEAVENを創ろう!天国は自分の心の中にある」というイベント。

集う銀河ファミリーたち。
LIVEあり、香りMEDITATIONあり,HULAあり、DJあり、そして200人の持ち寄りご飯大会ありの、本当にPEACEでシャンティな空間。
天使さながらのちびっ子たち、これからの世界を作っていく若者たち、着飾った大人たち、人生の先輩方、アーティストも、ミュージシャンも、男も女も、ミュータントも、宇宙人も、みんな喜びをここに表現しよう!と集まってくれた。
ライブハウスには、チベットのタルチョっていう4色の旗と、色とりどりの風船。
そして、尊敬する芳美さんの創香した”THIS IS IT!”という香り。
今、思い出しても全てが愛おしくて胸が熱くなる。

ああ、確かにあの日、古いGATEが閉じられ、新しいGATEが開けられたんだ。

一年後の今日、大分県国東半島(くにさき)の山の中で暮らしているとは・・・

昨日は国東の夷(えびす)の我が家に13人の友達たちが集い宴会をした。
宇佐ー国東(Usa-kunisaki)のすでに田舎暮らしを実践する先輩銀河ファミリー。
ここ、このときに出会えたことは、もしかしたら奇跡。

この5ヶ月で何かが私の中で変化してきたみたい。
国東の生活を受け入れ、愛おしく大切に、そしてこの奇跡に心から感謝している。
春の訪れと一緒に、私も花開いていきたい!

今日という日を選んで、灯台下暮らし、初めて裏山に登った。
うちは、瀬戸内国立公園中山仙境夷谷という場所に位置する。
ここがまた、アメリカのセドナのような磐鞍(いわくら)だらけ。
かなりのパワースポットとみた!

中山仙境の山道を上がったり下がったりしていると、ところどころに2対の小さな石仏が並んでいる。
一体は仏さまや、観音さまや、如来さま。彼岸にいらっしゃる方々。
もう一体は偉いお坊さん、こちらにいらっしゃる導きの方だ。

3番札所からの景色は、うわあああ~~~~!!すごい!
e0231614_20213632.jpg


山を降りて夕日カフェへ。
ここは、国東生活に慣れない私を救ってくれたとっておきの場所。
この場所があってよかったー。

今日は電話でたくさんの人たちに繋がり、感謝と愛を伝える。

愛って何だろう?って聞かれたことがあったよね。

愛って形がないから分かりにくいね。
ひとことでは言い切れないけど、存在してくれて嬉しい&有難うって気持ち。
それは、人だったり、場所だったり、事だったり、物だったり。
どれに対しても、愛や感謝は口に出して言葉にするのが大切と思う。

愛してるって、なかなか友達や家族に言えないかもしれないけど、
ありがとう!なら言えるよね。

真玉の温泉へ行って温まって帰る。
BUDDA EYE と呼ばれる上弦の月。そして山から昇ってきたオリオン座。満点の星。

今日という美しく、愛で繋がれたスペシャルな一日を胸に眠りにつく。
ありがとう。
存在してくれて。






Tags:#愛 # by kunisachii | 2011-02-07 23:20.
[PR]

by usa-kunisachii | 2011-02-07 17:32 | 日々の出来事