2017年 06月 02日 ( 3 )

 

kamenos Veagan class

e0231614_2310399.jpg

e0231614_231038.jpg

e0231614_2310385.jpg

e0231614_2310397.jpg

e0231614_2310311.jpg


















今週初めに日出町のkamenosでVeagan Cooking School vol.2のWSに参加。
自家製豆板醤に興味があっからです。(超簡単でウマウマ)

Veaganより何より、中津からお越しの「総合療法研究所ホリスティックカフェの幸恵先生」の内から輝く美しさにノックアウトされて、私はオッさんみたいに鼻の下が伸びたままクラスを終了してボーッとして帰りました。

幸恵さんのこだわりの調味料が印象的。麹や塩にこだわるとこんなに味が違うものなのかと驚き、
「塩はルーツに近いものを選ぶとよい、それを頂いて入るだけでも先祖供養になる。」
これには感激しました!

スムージーにドクダミやヨモギを少量入れたのも新発見。
梅雨の前までにしっかり汗をかいて、毒素排出、デトックス!だそうですよ〜。

いくつになっても学べるのは楽しい。出会いも嬉しい。
若返り〜〜??



iPhoneから送信
[PR]

by usa-kunisachii | 2017-06-02 23:10  

やしろ海水トマト

e0231614_15194836.jpg

e0231614_15194997.jpg

e0231614_15194980.jpg

e0231614_15194975.jpg



【海水トマト美味し】

日出町kamenosのじゅんこちゃんに、日出町の名所『海水トマト』の現場に連れて行って貰いました??

いま、日出町の甘〜くて美味しいトマト達が口コミで大人気らしいのです。

私も友達がお土産にくれて以来、この美味しさをみんなに分かち合いたくてスーパーでちょこちょこ買うようになりました。

でも昨日現場を見学してお話しを伺って、ますます思いが募りました。
食べものって、作ってる人の顔が浮かぶ。そういう背景がいいですね〜〜

また、kamenosじゅんこちゃんの独自なインタビューが素晴らしく面白いんだって!!
「なぜ、この海水トマトを作ろうと思ったか。」
短時間で深いところまで突っ込んで聞き出してくれて、私もご本人の言葉を直に聞くことが出来ました。感謝!

海水トマトを作られている佐藤さんは70代半ばだそうですがハツラツとされていて、佐藤さん曰く、
「みんなが繋がって支え会って生きているんだ。
自分だけが良ければいいという考えはつまらない。
農をするのもただ作るだけではつまらない。
産業まで見通してこの土地を活性化していきたい。
そのための、新しい視点。
誰もやってないことにチャレンジする勇気。
何事もまずやってみること」

道すがら、そう話してくれました。
海水トマトの、水と海水のバランスがようやく落ち着いて来たとおっしゃっていました。
チャレンジ精神もコツコツ精神もないと出来ない。
その大元にあるアロハ精神。

海水トマトは日出町なら農協産直ふれあい、オレンジマートなんかで買えますが、
ぜひ、ぜひ、ぜひ現地の新しく作られた小屋に買いに行って貰いたいなあ。

のどかな海と山にはさまれた場所。
海辺には長〜い〆縄で繋がれたパワースポットもありました。
12月〜6月がシーズンだそうなので、今年はあと少し〜〜!
[PR]

by usa-kunisachii | 2017-06-02 15:19  

小林千恵子誕生日

e0231614_1518884.jpg

e0231614_1518886.jpg

e0231614_1518894.jpg

e0231614_151881.jpg



【Chieko Kobayashi の誕生日を祝う】

私がいま、大分県に住んでいるのも、千恵ちゃんが国東半島田染に住んでいたからなんだよね。

九州に移住しようと考えての旅の間、少し前に大分県に移住していた千恵ちゃんちを訪問したんだ。

田染の朝日夕日観音の山の稜線が目に飛びこんできた時の感動は忘れられないな。

こんな昔話みたいな美しい星降る里に千恵ちゃんと麻耶ちゃんがたった二人で住んでいる。
ああ、こりゃ、私もここに来ねば!!、てね。

そして、あれこれいろいろ、お互いに必死の年月を経て、学び成長して、
普通という繰り返しの日常が一番の贅沢だと知った。
それをお互いにシェア出来るのが嬉しい。

千恵ちゃんはいま、日出町で神楽とヨガと畑に生きている。

私も千恵ちゃんの寺ヨガに通い出した。
千恵ちゃんのヨガは、
ありのままの自分という神様と出会うためのツールで、
ロミロミも同じく。

やっぱり私もそこが一番の興味なんだと思う。

お互いに今後もっと経験を重ね、
さらに殻を脱ぎすてたら、
どんな会話をするのかな。
楽しみです。
[PR]

by usa-kunisachii | 2017-06-02 15:18