2016年 05月 15日 ( 1 )

 

塙雅夫さんのプロフェッショナル的名言

e0231614_20233960.jpg

e0231614_20233975.jpg

e0231614_20233962.jpg

e0231614_20233937.jpg



FB投稿文

【自分と繋がること、鳥肌もののその言葉とは!】

従姉妹みたいな友人めぐちゃんとパートナーの塙さんがBEPPU☆くにさち滞在。

めぐちゃんのことは後で書きますが、とにかく先に見て、コレ!塙さんの作品。

七人の侍の絵の下に立ってる赤い人が塙さんです!

パソコン画面をiPhoneで撮るアナログな私を許して〜
(詳しくはm-hamawa.com)

こんな大きな絵を筆一本で描くってどういうことだろう?

ゴジラも凄い。勝どき橋駅のマーメイドの絵やディズニーシーのポセイドンの絵も凄い。もう、どれもこれも凄い。
映画で使われたモナリザの複製はキャンバスの裏まで完璧。笑!(凄すぎて笑っちゃうんだよ〜)

こんな凄いのに拍子抜けするほど、人当たりが柔らかくて、めぐちゃんにはまーちゃん、と呼ばれていました。

食卓を囲んだ会話の中で、

私が年を重ねた者同志が出会うとエゴとエゴのぶつかり合いになる。みたいなことを話したことから、エゴの話しになりました。

そこで塙さんが話した言葉が素晴らしくてシェアします。

【自分にとってエゴは全然大事なものではない。
絵を描いていて、「自分」というエネルギーが出てきた時、僕は出来る限り透明でいたい。
自分が楽器となって鳴り響いて出てくるものが「自分」で、楽器としての自分を邪魔しないように透明でいたいんだ。
僕にとって大事なことはそういうことで、あとは楽器が自然にひいてくれる。
それが、幸せだし、「自分」だし、宇宙と繋がることなんだ。
それが、自分だけではなく、周りも幸せにできる。】

この言葉を聞いているとき、そこはBEPPU☆くにさちのお茶の間ではなく、「プロフェッショナル」や「情熱大陸」の画面の中に私はいました。

鳥肌がチリチリと音を鳴らしました。

パートナーのめぐちゃんだって凄いんです。
私が東京から大分県に移住して大波小波ドンブラ越えている間に、四年間のオステオパシーの勉強を経て、昨年四ツ谷にサロン(診察室)をオープンしました。

こんな二人。

沢山のビジョンを共有することが出来てとっても嬉しかったです。
[PR]

by usa-kunisachii | 2016-05-15 20:23