モジャ天国へ ✴︎

e0231614_850611.jpg

リブラの命日から一年。
風邪をこじらせてモジャが逝った。
あっと言う間に。

パラダイスとエスビジとくにさちを往き来して、その隙間で小さな命が落とされて、
自責の念が止まらない。

リブラが車にはねられて亡くなった時、これからは愛を表現して生きようと誓って。
もう、それ以上もないし、それ以下もないと。

私の前に現れる人が愛しく、
会えないけれど繋がっている人たちが愛しくて、
私たちを包んでくれる自然や地球が愛しくて、
それを、抱きしめて表現していきたい。
その気持ちに今も変わりはない。

そうやって生活していても、
こんなに悔いが残るのだと、
モジャが逝って知った。

人生は何やら思い通りにいかない。
ハプニングが起こす幸せと不幸せは、
案外とバランスしている。

全体は蔦のように絡まりあって、人間も地球も、季節やら、天候やら、止まるところなく、ひっついては離れ、うねって、ひっくり返って、流れ、解けている。

視点は自分を離れて風に吹かれて宇宙に飛び出す。

少し冷たい、だけど暖かな春の風に吹かれ、
少し不快な湿度の夏は海へ飛び込み、
物悲しい秋の風は深く幸せで、
冬は肩寄せ合って暖をとる。

ただ、味わって
人生を謳歌する。

モジャも猫生を謳歌した。
去勢されず、
かなり広い範囲を歩き、
野生のまま恋して、
ホワイティという親友がおり、
沢山の人間に可愛がってもらい。
生の魚も食べた。
シュークリームのクリームも舐めた。

モジャは天国へ行く。
大丈夫。

モジャ、大好きだった。
モジャ、ごめんね。
モジャ、愛してるよ。
モジャ、ありがとう。
モジャを忘れない。

[PR]

by usa-kunisachii | 2017-03-11 08:50  

<< 今年もミツマタの花 ホワイティが風邪をひきました >>